FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

オウィディウスの翻訳
木村健治氏の翻訳した,オウィディウス『悲しみの歌/黒海からの手紙』(京都大学学術出版会 3800円 ISBN 4-87698-113-2)をちょっと前に入手して,ぼちぼち読んでいます.読み易い翻訳だと思いますが,しかしちょっと驚いたのは,参考文献のところで,雑誌に収録されている論文を挙げる時に,ページ数を書いていないことです (p. 483-5).こういうふうにしてもいいのかどうかはわかりませんが,普通ではないように思うのですが.それにしても,この翻訳でオウィディウスの晩年の名作が日本語で読めることは,大変嬉しいことです.

Ovidi illa duo opera, quorum alterum tristia, alterum ex ponto inscribitur, doctissimus vir Kenjius Kimura in linguam Iaponem transtulit, quae opera paulo ante emi et nunc lego. credo ille haec opera sic vertisse, ut legentes perfacile intellegant, sed paululum miror, quare ille non indicet numeros paginarum, cum ille in indice citat eas litteras utiles, quae in actis annalibus inveniantur (p. 483-5). quem quidem litterarum citandarum modum non scio num permittendum sit, sed eum certe esse puto inusitatum. quamquam id maxime gaudeo, quod utrumque Ovidi postremorum operum in nostra lingua legere possumus.

【2005/08/03 18:20】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ティブッルス 2巻2歌

Dicamus bona verba: venit Natalia ad aras;
 quisquis ades, lingua, vir mulierque, fave.
urantur pia tura focis, urantur odores
 quos tener e terra divite mittit Arabs.
ipse suos Genius adsit visurus honores (5)
 cui decorent sanctas mollia serta comas.
illius puro destillent tempora nardo
 atque satur libo sit madeatque mero,
annuat et, Cornute, tibi quodcumque rogabis.
 en age, quid cessas? annuet ille: roga.(10)
auguror, uxoris fidos optabis amores:
 iam reor hoc ipsos edidicisse deos.
nec tibi malueris, totum quaecumque per orbem
 fortis arat valido rusticus arva bove,
nec tibi, gemmarum quicquid felicibus Indis(15)
 nascitur, Eoi qua maris unda rubet.
vota cadunt. utinam strepitantibus advolet alis
 flavaque coniugio vincula portet Amor.
vincula quae maneant semper, dum tarda senectus
 inducat rugas inficiatque comas.(20)
huc venias, Natalis, avis prolemque ministres,
 ludat et ante tuos turba novella pedes.

我吉祥の言葉を語らん.誕生の神,祭壇に来たれり.
 ここにいるものは誰であろうと,男も女も舌を慎むべし.
混じりけない香が炉で焚かれ,香木も焚かれている.
 それは柔和なアラビアが豊潤な大地から送りだしたもの.
守護神自身が自分の名誉を見るために来たらんことを.
 その聖なる髪を柔らかい花冠で飾らんことを.
彼のこめかみは混じりけない甘松油を滴らせんことを.
 そして供え菓子に満たされ、生酒に浸らんことを.
あなたが何を願おうとも,コルヌートゥスよ、彼が首頷せんことを.
 さあさあ,君は何をぐずぐずしている.彼は頷くだろう.願いを言い給え.
私は言い当てよう.君は妻の愛が忠実であることを望んでいる.
 もうこのことを神々自身は知り尽くしていると私は思う.
君はこれ以上に望むことはないだろう,全地上で力強い農夫が逞しい
 牛で耕す限りの土地であっても,
また,豊なインド,東方の海の波が赤くなるところで
 できる限りの全ての宝石であっても.
願いは聞き入れられた.羽ばたく翼で愛神が飛び,
 二人の絆に黄金の縛を運ばん事を.
その縛が常にあらんことを,遅くにやってくる老年が
 皺を刻み,髪の毛の色を帰るその時まで.
ここに来りませ,誕生の神よ,そして祖父たちに子孫を授け給え,
 そして汝の足下で小さき子らの群衆が踊らんことを.


【2005/08/03 03:06】 Tibullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) | 記事修正

TOPへ


徒然草
徒然なるままに日くらし硯にむかひて心に移りゆくよしなし事をそこはかとなく書きつくればあやしうこそものぐるほしけれ
徒然草写本を見たい方はこちらへ(京都大学図書館貴重資料画像)

otiosam vitam agens cum atramentario parato eas res, quae levis atque inutiles mihi in mentem veniant, sine ullo consilio describo, sentio mirorque, quam sim mente captus.

【2005/08/02 17:12】 litterae Iapones Latine redditae | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


眠れません
cum non dormire possim hoc multae noctis aestu, qui nescio quo pacto nondum omnino destituit, nunc hoc commentariolum scribo. accedit, ut stultus aliquis foris semper strepitum currus automatici edat ...

【2005/08/02 02:55】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス 49歌 キケローに

Disertissime Romuli nepotum,
quot sunt quotque fuere, Marce Tulli,
quotque post aliis erunt in annis,
gratias tibi maximas Catullus
agit pessimus omnium poeta,
tanto pessimus omnium poeta,
quanto tu optimus omnium patronus.

今いる そして昔いた 
そしてこれからいるであろう
ロームルスの裔のうち 最も雄弁なるマルクス・トゥッリウス(・キケロー)よ
全ての詩人のうちで最低のカトゥッルスは
あなたに最大の感謝を捧げます
あなたが全ての弁護人のうち最良であるその程度ほど
全ての詩人のうちで最低の詩人が


【2005/08/01 21:48】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


プール
暑くて耐えられなくなったので、夕方すぐにプールに泳ぎにいきましたが、同じ事を皆考えているようで、暑さしのぎにプールに大勢集まってきて、あまり泳げなくて水の中で歩いてばかりいました。大体1時間ぐらい水の中をうろうろした後には暑さの峠は過ぎていて、キケロのダーモクレースの剣の話を翻訳して、この日記を書いていました。

ところで7月31日の日記で文法の間違いを見つけてしまいました。iam multis annisではなくて、iam multos annosと書かなきゃならないのですが……。

intolerabilem aestum vitaturus primo vespere ad natandum in piscinam publicam adii. sed multi homines cum similiter aestum vitaturi hanc in piscinam convenerent, non poteram satis natare, sed paene semper in aqua ambulabam. postquam fere unam horam in aqua vagavi, summus aestus desistebat et partem alteram Ciceronis de Damocli gladio narrationem in linguam Iaponem transtuli et hoc commentariolum scribebam.

ceterum confitendum est unum errorem grammaticum in eo commentariolo inventum esse, quod pridie kalendas Augustas scribebam: namque non "iam multis annis" sed "iam multos annos" scribere debebam.

【2005/08/01 21:15】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


キケロー『トゥスクルム論議』5巻21(61-62) ダーモクレースの剣 (後編)

In hoc medio apparatu fulgentem gladium e lacunari saeta equina aptum demitti iussit, ut inpenderet illius beati cervicibus. Itaque nec pulchros illos ministratores aspiciebat nec plenum artis argentum nec manum porrigebat in mensam, iam ipsae defluebant coronae; denique exoravit tyrannum, ut abire liceret, quod iam beatus nollet esse. Satisne videtur declarasse Dionysius nihil esse ei beatum, cui semper aliqui terror inpendeat? ...

この贅沢三昧の最中に、王は、馬の毛を結んだぎらつく剣を、その幸福に浸っている男の首の上に差し掛かるような形で、格子天井から吊るす事を命じた。そうすると、彼はあの美しい召使いも、技を凝らした銀皿も見ず、食卓に手を延ばすこともしなくなった。もはや花冠も自然に滑り落ちてしまった。遂にはその専制君主に、もう幸福でありたくないので、帰ることを許してくれるように懇願した。ディオニューシウスは、常になんらかの恐怖が差し迫っている者には、どんな事も幸福をもたらさないということを、十分説明したように思わないだろうか。……


【2005/08/01 20:21】 Cicero | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


キケロー『トゥスクルム論議』5巻21(61-62) ダーモクレースの剣 (前編)

21 (61) Quamquam hic quidem tyrannus (sc.Dionysius) ipse iudicavit, quam esset beatus. nam cum quidam ex eius adsentatoribus, Damocles, commemoraret in sermone copias eius, opes, maiestatem dominatus, rerum abundantiam, magnificentiam aedium regiarum negaretque umquam beatiorem quemquam fuisse, 'visne igitur', inquit 'o Damocle, quoniam te haec vita delectat, ipse eam degustare et fortunam experiri meam?' Cum se ille cupere dixisset, conlocari iussit hominem in aureo lecto strato pulcherrimo textili stragulo, magnificis operibus picto, abacosque conplures ornavit argento auroque caelato. Tum ad mensam eximia forma pueros delectos iussit consistere eosque nutum illius intuentes diligenter ministrare. (62) Aderant unguenta, coronae; incendebantur odores, mensae conquisitissimis epulis exstruebantur: fortunatus sibi Damocles videbatur.

しかしながら,この専制君主(ディオニューシウス)自身は,自分がどれだけ幸福であるか,見極めていた.というのも,彼の取り巻きのうちの,あるダーモクレースという男が,話の中で,かれの軍事力,財産,支配権の大きさ,物の豊富さ,王宮の壮麗さに言及し,かつて誰も彼以上に幸福ではあり得ないと言った時,「じゃあダーモクレース,」と彼は言った,「君はこの生き方が気に入ったのだから,自分でそれを味わって,そして私の幸運を経験したくはないかな?」その男は自分はそうしたいと言ったので,彼はその男を,素晴らしい技術によって絵が縫い込まれている極めて美しい織物の敷布がひかれた黄金の寝椅子に寝かせるように命じ,幾つかの食卓に浮き彫りの凝らされた金銀の食器を置いた.そうして食卓にはとびきりの容姿の少年奴隷を侍らせ,彼らにその男の合図を見守り,懸命に奉仕するように命じた.香水に花冠もあり,香が焚かれ,食卓は選りすぐりの料理で山盛りにされていた.ダーモクレースは自分が幸福であると思っていた.


【2005/08/01 00:40】 Cicero | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)