ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | 記事修正

TOPへ


ホラーティウス『歌集』1巻26歌

Musis amicus tristitiam et metus
tradam protervis in mare Creticum
 portare ventis, quis sub Arcto
  rex gelidae metuatur orae,

quid Tiridaten terreat, unice (5)
securus. o quae fontibus integris
 gaudes, apricos necte flores,
  necte meo Lamiae coronam,

Piplea dulcis! nil sine te mei
prosunt honores. hunc fidibus novis (10)
 hunc Lesbio sacrare plectro
  teque tuasque decet sorores.

ムーサらの友たる我は 悲しみも恐れも
吹き荒れる風に任せ クレタの海に
 運ばせよう 大熊座の下でどの
  王が凍てつく岸辺で恐れられているか

なにがティーリダーテースを脅かしているのか 豪も (5)
気にせずに  おお,汚れ無き泉を
 喜ぶあなたよ 日なたで育った花を編みたまえ
  我がラミアに花冠を編みたまえ

麗しきピプレアーよ  あなた無しでは我が
名誉は何の役にも経ちはしない  この者を新しき弦で (10)
 この者をレスボスの撥でたたえるは
   あなたとあなたの姉妹に相応しき事

スポンサーサイト

【2005/07/31 20:43】 Horatius Carmina | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


朝ニ道ヲ聞カバ
ラテン語を始めて,年数だけは経っていますが,未だに未知なところが多いです.
朝ニ道ヲ聞カバ夕ベニ死スモ可矣,とは思っていますが.
でも実際もう少し早く奥義に達する事ができればなあ,と思います.

iam multos annos in lingua latina versatus nondum me satis eius linguae peritum esse confiteor. cum credam, ut ille clarissimus Sericus ait, cum mane id intellexerim, etiam vespere me posse mori, tum re vera tamen paulo prius ad summam doctorinam volo pervenire.

【2005/07/31 14:51】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


暑い昼下がりに…… オウィディウス『恋愛詩』1巻5歌

Aestus erat mediamque dies exegerat horam;
  apposui medio membra levanda toro.
pars adaperta fuit, pars altera clausa fenestrae,
  quale fere silvae lumen habere solent,
qualia sublucent fugiente crepuscula Phoebo (5)
  aut ubi nox abiit nec tamen orta dies.
illa verecundis lux est praebenda puellis,
  qua timidus latebras speret habere pudor.
ecce, Corinna venit tunica velata recincta,
  candida dividua colla tegente coma.(10)
qualiter in thalamos formosa Semiramis isse
  dicitur et multis Lais amata viris.
deripui tunicam, nec multum rara nocebat,
  pugnabat tunica sed tamen illa tegi,
cumque ita pugnaret tamquam quae vincere nollet,(15)
  victa est non aegre proditione sua.
ut stetit ante oculos posito velamine nostros,
  in toto nusquam corpore menda fuit.
quos umeros, quales vidi tetigique lacertos!
  forma papillarum quam fuit apta premit! (20)
quam castigato planus sub pectore venter!
  quantum et quale latus! quam iuvenale femur!
singula quid referam? nil non laudabile vidi,
  et nudam pressi corpus ad usque meum.
cetera quis nescit? lassi requievimus ambo. (25)
  proveniant medii sic mihi saepe dies!

夏だった,そして日は正午を過ぎていた.
  僕は体を休めるために寝台の真中に置いた.
窓の一方は開き,もう一方は閉じていた.
  それはちょうど森が持つような光のよう,
太陽が落ちて,ほのかに明るむ夕暮れのよう,(5)
  あるいは夜が去ってしかし日はまだ現れない時のよう.
その光は恥ずかしがりの女の子に捧げられるべきもの,
  それで臆病な羞恥心が隠れ場所を持つ事を望むように.
見よ,コリンナがやって来た,帯を解いた上衣で体を覆って
  白い首回りを二つに別れた髪で覆って.(10)
ちょうど美しいセミラーミスが,また多くの男に愛されたラーイスが
  そのように閨に行ったと人が伝えるように.
僕は上衣を剥ぎ取った.しかしそれは薄かったので殆ど邪魔では無かったが,
  しかしそれでも彼女は上衣で覆おうと抗った,
だが彼女はあたかも勝つ事を望まないように抗ったので (15)
  自らの裏切りのため,ひどい負け方はしなかった.
彼女が私の目の前で覆いを置いて立った時
  全身のどの場所にも欠点はなかった.
なんという肩を,どのような手足を私は見,触った事か!
  なんと乳房は揉まれるに相応しい形だった事か!(20)
素晴らしい胸の下の腹は何と平らだったか!
  なんと長く美しい脇か!何と若々しい腿だったか!
どうして僕は一つ一つを語っているのか?見たもの全てが賞賛すべきものだった,
  そして僕は裸の彼女を僕の身体に重ね合わせた.
誰が残りの事を知らないだろう?僕ら二人は疲れ果てて休んだのだ.(25)
  こんな昼下がりが何度も僕にやって来て欲しいもの.


【2005/07/30 14:22】 Ovidius | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


序文にかえて  カトゥッルス 1歌

Cui dono lepidum novum libellum
arida modo pumice expolitum?
Corneli, tibi: namque tu solebas
meas esse aliquid putare nugas,
iam tum, cum ausus es unus Italorum (5)
omne aevum tribus explicare cartis
doctis, Iuppiter, et laboriosis.
quare habe tibi, quidquid hoc libelli
qualecumque; quod, <o> patrona virgo,
plus uno maneat perenne saeclo! (10)

誰に可愛らしいこの新しい冊子をあげよう?
たった今,乾いた軽石で仕上げ終わったばかりのこの本を?
コルネリウス,君にだ.だって君はいつも
僕の戯れ言を何がしかのものと思ってくれていたから.
それももう,あえて君はイタリア人の中でただひとり,
全時代を3巻の博識かつ労作の?ユッピテル様!?
書物で著した時に.
だから,この本が何であれ,君は受け取ってくれたまえ,
どんな物であろうとね.この本が,おお,庇護者の処女神様,
一世紀以上は持ちこたえてずっと残りますように!


【2005/07/28 18:04】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。