ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | 記事修正

TOPへ


オウィディウス必携
オウィディウス・コンパニオンという本をちょっと前に入手していました.

Philip Hardie Ed. The Cambridge Companion to Ovid. Cambridge: Cambridge U.P., 2002. Reprinted 2003. ISBN 0-521-77281-8 (hardback), ISBN 0-521-77528-0 (paperback).

イントロと20の寄稿からなる,オウィディウスへの手ほどきという所でしょうか.
値段も日本円で4000円弱で,新品でも買える良心的価格でした.今まで積ん読状態だったのですが,流石に読まずにいると勿体無いので,無理矢理記事にして,ちょっと自分にプレッシャーをかけています(笑).とりあえずpp.150-62のAlison Sharrock. "Ovid and the Discourses of Love: the amatory works." などに目を通そうかと思っています.

あと,特筆すべきは,オウィディウスの,後の時代の受容について,この本のpp.249-367と,殆ど3分の1近くが使われていることでしょうか.これほどにオウィディウスの後代への影響はつよいのでしょうね.

最近はまた,コメンタリーもぼちぼち出て来ているようです.Ars Amatoria 3のコメンタリーなど,待ちわびた一冊などもありますが,これもまたあとで.
スポンサーサイト

【2005/11/11 01:40】 Ovidius | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


オウィディウス『恋愛詩』 1巻3歌

Iusta precor: quae me nuper praedata puella est,
 aut amet aut faciat, cur ego semper amem.
a, nimium volui: tantum patiatur amari,
 audierit nostras tot Cytherea preces.
accipe, per longos tibi qui deserviat annos.  5
 accipe, qui pura norit amare fide.
si me non veterum commendant magna parentum
 nomina, si nostri sanguinis auctor eques,
nec meus innumeris renovatur campus aratris,
 temperat et sumptus parcus uterque parens,  10
at Phoebus comitesque novem vitisque repertor
 hac faciunt et, me qui tibi donat, Amor
et nulli cessura fides, sine crimine mores,
 nudaque simplicitas purpureusque pudor.
non mihi mille placent, non sum desultor amoris: 15
 tu mihi, si qua fides, cura perennis eris;
tecum quos dederint annos mihi fila sororum,
 vivere contingat teque dolente mori;
te mihi materiem felicem in carmina praebe:
 provenient causa carmina digna sua.       20
carmine nomen habent exterrita cornibus Io
 et quam fluminea lusit adulter ave
quaeque super pontum simulato vecta iuvenco
 virginea tenuit cornua vara manu.
nos quoque per totum pariter cantabimur orbem   25
 iunctaque semper erunt nomina nostra tuis.

正当なことを僕はお願いしています.最近僕を虜にした女性が
 僕を愛するか,どうして僕がずっと愛しているのかを教えてくれるように.
ああ,余りの事を僕は欲している.ただ,彼女が僕に愛されることを許してほしい.
 キュテーラの女神(ウェヌス)が僕のこれ程の願いを聞き入れて欲しい.
君は受け入れてくれ,長い年月君に使えていた者を,
 君は受け入れてくれ,純粋な忠誠をもって愛する者を.
もし,僕を推す偉大な古の先祖の名声がなく,
 もし,僕の血族の創始者が騎士であって,
僕の土地が数えきれない耕作者たちによって耕されていなくても,
 両親がけちけちと出費を抑えていても,
それでもポイボスと7人の従者と葡萄の発明者(バッコス)が
 味方になる,そして君に僕を与えたアモル,
そして何にも屈しないだろう忠誠,罪のない性格,
 飾らない誠実さに,立派な恥を知る気持ちもそうだ.
僕は八方美人ではないし,猟色家でもない.(15)
 君こそが,もし信じてくれるなら,永遠の恋人となるだろう.
君と一緒に,パルカの姉妹の紡ぐ糸が与えてくれる年月を
 生き,死んだ時に君が悲しんでくれるように.
君自身を僕の歌に豊富な素材として提供してくれ.
 その元に相応しい歌が生まれる事だろう.(20)
自分の角に怯えたイーオーは歌によって名声を得たし,
 また川の鳥の姿になった姦通者(ユッピテル)が騙したその彼女(レーダ)も.
そして,海の上を,牛の姿になった神(ユッピテル)に運ばれ,
 乙女のか弱い手でまがった角に掴まっていた彼女(エウローパ)も.
僕もまた世界中で等しく歌われるだろう,(25)
 そして永遠に僕の名声は君のそれと繋がっているだろう.


【2005/08/10 00:34】 Ovidius | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


オウィディウス『恋愛詩』1巻12歌……1巻11歌とのペア

Flete meos casus: tristes rediere tabellae
 infelix hodie littera posse negat.
omina sunt aliquid: modo cum discedere vellet,
 ad limen digitos restitit icta Nape.
missa foras iterum limen transire memento (5)
 cautius atque alte sobria ferre pedem.
ite hinc, difficiles, funebria ligna, tabellae,
 tuque, negaturis cera referta notis.
quam, puto, de longae collectam flore cicutae
 melle sub infami Corsica misit apis. (10)
at tamquam minio penitus medicata rubebas:
 ille color vere sanguinulentus erat.
proiectae triviis iaceatis, inutile lignum,
 vosque rotae frangat praetereuntis onus.
illum etiam, qui vos ex arbore vertit in usum, (15)
 convincam puras non habuisse manus.
praebuit illa arbor misero suspendia collo,
 carnifici diras praebuit illa cruces;
illa dedit turpes raucis bubonibus umbras,
 vulturis in ramis et strigis ova tulit. (20)
his ego commisi nostros insanus amores
 molliaque ad dominam verba ferenda dedi?
aptius hae capiant vadimonia garrula cerae,
 quas aliquis duro cognitor ore legat;
inter ephemeridas melius tabulasque iacerent, (25)
 inquibus absumptas fleret avarus opes.
ergo ego vos rebus duplices pro nomine sensi:
 auspicii numerus non erat ipse boni.
quid precer iratus, nisi vos cariosa senectus
 rodat, et immundo cera sit alba situ? (30)


18 diras Heinsius : duras codd.

我が災難に涙を流し給え.悲しき書板が帰って来た,
 不幸な文字は,今日はダメと言っている.
予兆は意味があったのだ.いま出て行こうとした時に
 戸口でナペーは指を打って立ち止まった.
こんどお前が外に送られた時は,戸口を注意深くくぐるように
 そしてしゃんとして高く足を運ぶように気をつけろ.
ここから出て行け,つれない書板よ,火葬の薪よ,
 お前もだ,断りの書き付けに満たされた鑞よ.
それは思うに,コルシカの蜂が長い毒人参の花から集めて
 悪名高い蜜の中に混ぜたもの.
だが,お前はあたかも朱でたっぷり浸されたように赤かった.
 あの色はまさしく血塗られたものであった.
辻に投げ出されていろ,能無しの木切れめ,
 お前もまた,通り過ぎる車輪の重みが砕くがいい.
お前を木から使えるように切り出したその男もまた,
 悪事に手を染めていたことを,僕は立証したい.
その木は,哀れな首に,つり下がる場所を提供した,
 その木は処刑人に残酷な十字架を提供した,
その木はしわがれ声の木菟(みみずく)に恥ずかしくも蔭を与え,
 禿鷹と梟の卵を枝に持ったのだ.
僕が馬鹿だったのか,僕の愛とをこの書板に委ねたのが,
 女主人への愛の言葉を持って行くように与えたのが?
この鑞は口煩い裁判出席確認書を持つのがより相応しい,
 だれか厳しい口の法廷執行人が読むような.
これらは出納帳や,書き付けの間にあるのがいい,
 それを見て,欲張りが使われた財産を嘆くような.
それゆえ,僕はお前がその名に相応しく,二面的なことが分かった.
 それ自体が,よい前兆の数ではなかったのだが.
なにを腹立ちまぎれに僕は祈ろうか,お前をよぼよぼの老年が
 蝕み,そして汚い染みで鑞が白くなることの他に?


【2005/08/06 19:54】 Ovidius | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


オウィディウス『恋愛詩』1巻11歌

Colligere incertos et in ordine ponere crines
 docta neque ancillas inter habenda Nape
inque ministeriis furtivae cognita noctis
 utilis et dandis ingeniosa notis,
saepe venere ad me dubitantem hortata Corinnam, (5)
 saepe laboranti fida reperta mihi,
accipe et ad dominam peraratas mane tabellas
 perfer et obstantes sedula pelle moras.
nec silicum venae nec durum in pectore ferrum
 nec tibi simplicitas ordine maior adest; (10)
credibile est et te sensisse Cupidinibus arcus:
 in me militiae signa tuere tuae.
si quaeret quid agam, spe noctis vivere dices;
 certa fert blanda cera notata manu.
dum loquor, hora fugit: vacuae bene redde tabellas, (15)
 verum continuo fac tamen illa legat.
aspicias oculos mando frontemque legentis:
 et tacito vultu scire futura licet.
nec mora, perlectis rescribat multa iubeto.
 odi, cum late splendida cera vacat. (20)
comprimat ordinibus versus, oculosque moretur
 margine in extremo littera fusa meos.
quid digitos opus est graphio lassare tenendo?
 hoc habeat scriptum tota tabella 'veni.'
non ego victrices lauro redimire tabellas (25)
 nec Veneris media ponere in aede morer.
subscribam VENERI FIDAS SIBI NASO MINISTRAS
 DEDICAT. AT NVPER VILE FVISTIS ACER.

22 fusa scripsi : rasa codd : alii alia

乱れた髪を正してきちんと整える技を
 熟知し,婢女の中に置かれるべきではないナペーよ,
そして隠れた逢い引きの夜の付き添いに便利で
 合図を送るのが天才的だと認められ,
何度も躊躇するコリンナに僕のところにくるように励まし, (5)
 苦労をしている僕に忠実な者であることが分かったナペーよ,
朝早くに書き綴った蝋板を受け取り,女主人に
 渡してくれ,そして邪魔な遅れを懸命に追い払ってくれ.
火打石や硬い鋼がお前の胸にあるわけでも,
 普通以上の単純さがあるわけでもない. (10)
お前もまた,クピードーの矢にやられたことがあるらしい.
 僕のためにもお前の(愛の)戦の旗印を守ってくれ.
もし僕が何をしているのか尋ねたら,夜の望みで生きていると言ってくれ.
 他の事は僕のその気にさせる右手で書き込まれた鑞板が伝える.
僕が喋っている間に,時間は逃げて行く.彼女が十分暇なら鑞板を渡してくれ. (15)
 しかしそれでも彼女が一息に読むようにさせてくれ.
読んでいる彼女の目を観察するように申し付ける.
 そうすれば黙っている顔からも何が起るかしることができる.
躊躇なく,読み終わった鑞板に沢山返事を書くように命じてくれ.
 輝く鑞板の隙間が沢山空いているのは嫌だ. (20)
行の並びはつめさせて,僕の目が一番縁に
 溢れた文字を読むのに時間がかかるようにしてくれ.
だが,ペンを持つ事で指を疲れさせる必要があるだろうか?
 鑞板全体が,この1語を持つようにしてくれ,「来て」と.
僕は勝利の鑞板を月桂樹で飾る事も, (25)
 ウェヌスの神殿の真中に置く事も躊躇しないだろう.
僕は書こう.なーそーハうぇぬすニ自分ニ忠実ナ召使ヒヲ
 捧グ ダガ汝ハ一寸前ニハ安キ楓の木切レナリ.


【2005/08/05 03:12】 Ovidius | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


暑い昼下がりに…… オウィディウス『恋愛詩』1巻5歌

Aestus erat mediamque dies exegerat horam;
  apposui medio membra levanda toro.
pars adaperta fuit, pars altera clausa fenestrae,
  quale fere silvae lumen habere solent,
qualia sublucent fugiente crepuscula Phoebo (5)
  aut ubi nox abiit nec tamen orta dies.
illa verecundis lux est praebenda puellis,
  qua timidus latebras speret habere pudor.
ecce, Corinna venit tunica velata recincta,
  candida dividua colla tegente coma.(10)
qualiter in thalamos formosa Semiramis isse
  dicitur et multis Lais amata viris.
deripui tunicam, nec multum rara nocebat,
  pugnabat tunica sed tamen illa tegi,
cumque ita pugnaret tamquam quae vincere nollet,(15)
  victa est non aegre proditione sua.
ut stetit ante oculos posito velamine nostros,
  in toto nusquam corpore menda fuit.
quos umeros, quales vidi tetigique lacertos!
  forma papillarum quam fuit apta premit! (20)
quam castigato planus sub pectore venter!
  quantum et quale latus! quam iuvenale femur!
singula quid referam? nil non laudabile vidi,
  et nudam pressi corpus ad usque meum.
cetera quis nescit? lassi requievimus ambo. (25)
  proveniant medii sic mihi saepe dies!

夏だった,そして日は正午を過ぎていた.
  僕は体を休めるために寝台の真中に置いた.
窓の一方は開き,もう一方は閉じていた.
  それはちょうど森が持つような光のよう,
太陽が落ちて,ほのかに明るむ夕暮れのよう,(5)
  あるいは夜が去ってしかし日はまだ現れない時のよう.
その光は恥ずかしがりの女の子に捧げられるべきもの,
  それで臆病な羞恥心が隠れ場所を持つ事を望むように.
見よ,コリンナがやって来た,帯を解いた上衣で体を覆って
  白い首回りを二つに別れた髪で覆って.(10)
ちょうど美しいセミラーミスが,また多くの男に愛されたラーイスが
  そのように閨に行ったと人が伝えるように.
僕は上衣を剥ぎ取った.しかしそれは薄かったので殆ど邪魔では無かったが,
  しかしそれでも彼女は上衣で覆おうと抗った,
だが彼女はあたかも勝つ事を望まないように抗ったので (15)
  自らの裏切りのため,ひどい負け方はしなかった.
彼女が私の目の前で覆いを置いて立った時
  全身のどの場所にも欠点はなかった.
なんという肩を,どのような手足を私は見,触った事か!
  なんと乳房は揉まれるに相応しい形だった事か!(20)
素晴らしい胸の下の腹は何と平らだったか!
  なんと長く美しい脇か!何と若々しい腿だったか!
どうして僕は一つ一つを語っているのか?見たもの全てが賞賛すべきものだった,
  そして僕は裸の彼女を僕の身体に重ね合わせた.
誰が残りの事を知らないだろう?僕ら二人は疲れ果てて休んだのだ.(25)
  こんな昼下がりが何度も僕にやって来て欲しいもの.


【2005/07/30 14:22】 Ovidius | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。