ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | 記事修正

TOPへ


ティブッルス第2巻第6歌41-54行(完結)

desino, ne dominae luctus renoventur acerbi:
 non ego sum tanti, ploret ut illa semel.
nec lacrimis oculos digna est foedare loquaces:
 lena nocet nobis, ipsa puella bona est.
lena necat miserum Phryne furtimque tabellas   45
 occulto portans itque reditque sinu.
saepe, ego cum dominae dulces a limine duro
 adgnosco voces, haec negat esse domi,
saepe, ubi nox mihi promissa est, languere puellam
 nuntiat aut aliquas extimuisse minas.      50
tunc morior curis, tunc mens mihi perdita fingit,
 quisve meam teneat, quot teneatve modis;
tunc tibi, lena, precor diras: satis anxia vivas,
 moverit e votis pars quotacumque deos.

僕は止めよう,女主人のつらい悲しみを新たにしないように.
 僕は彼女が一度でも泣いてくれる程の価値はない.
そして,彼女がその表情豊かな眼を涙で荒らすのは相応しくない.
 女衒が僕の邪魔をしているのだ,彼女自身は良い娘なのだ.
女衒のプリュネーが,哀れな僕の息の根を止め,こっそりと書き付けを
 懐に隠し持って,行ったり来たりしている.
しばしば,僕が固く閉ざした門から,女主人の甘い声がするのを
 認めた時にも,そいつは彼女は家にいないと言うのだ.
しばしば,彼女が僕に一夜を約束した時に,そいつは彼女が
 疲れていると告げたり,何か脅迫を恐れていると言う.
その時,僕は悩みで死にそうになる,その時,僕の心はめちゃめちゃになって,
 誰が僕の彼女を抱いているとか,どれほど多くの仕方で抱いているだのと想像する.
その時,女衒よ,お前に僕は災いを祈る.お前はたっぷり不安に苛まれ生ることだろう,
 僕の祈りのどんな僅かな部分でも,神々を動かしてくれさえすれば.

スポンサーサイト

【2007/09/06 06:15】 Tibullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ティブッルス第2巻第6歌21-40行

Spes alit agricolas, Spes sulcis credit aratis
 semina, quae magno faenore reddat ager;
haec laqueo volucres, haec captat arundine pisces,
 cum tenues hamos abdidit ante cibus;
Spes etiam valida solatur compede vinclum:    25
 crura sonant ferro, sed canit inter opus;
Spes facilem Nemesim spondet mihi, sed negat illa;
 ei mihi, ne vincas, dura puella, deam.
parce, per immatura tuae precor ossa sororis:
 sic bene sub tenera parva quiescat humo.    30
illa mihi sancta est, illus dona sepulchro
 et madefacta meis serta feram lacrimis,
illius ad tumulum fugiam supplexque sedebo
 et mea cum muto fata querar cinere.
non feret usque suum te propter flere clientem:  35
 illius ut verbis, sis mihi lenta, veto,
ne tibi neglecti mittant mala somnia Manes,
 maestaque sopitae stet soror ante torum,
qualis ab excelsa praeceps delapsa fenestra
 venit ad infernos sanguinolenta lacus.      40

「希望」は農夫を養い,希望は大きな利益とともに
 畑が再び返すようにと,耕された畝に種を委ね,
この神が鳥を罠で,この神が魚を葦の竿で捉えるのだ,
 あらかじめ餌で小さな釣り針を隠しておいて.
「希望」は硬い足枷の縛めをも慰める,
 脚は鉄の音を立てるが,しかし仕事の間に彼は歌っている.
「希望」は気安いネメシスを僕に約束するが,しかし彼女は拒んでいる.
 ああ,冷たい女性よ,この神を打ち負かさないでくれ.
容赦してほしい,君の若くしてなくなった妹の骨にかけて,お願いする.
 そうであれば,軽い土の下で,その小さくなった骨が安らかに休めるように.
彼女は僕には聖なるものだ,彼女の墓に,僕は捧げものと,
 僕の涙でしとどに濡れた花束を備えよう.
彼女の塚に僕は逃れよう,そして跪いて座り,
 もの言わぬ灰といっしょに,僕の運命を嘆こう.
彼女は自分の崇拝者が,お前のせいで泣くのを我慢しないだろう.
 彼女の言葉のように,僕は君が僕につれなくあるのを禁ずる,
君がこれを蔑ろにして,死霊が君に悪い夢を送らぬように,
 悲しげに妹が眠っている君の枕の前に立たぬように,
ちょうど高い窓から真っ逆さまに落ちて,
 血まみれで冥界の湖へと行ったときの様で.


【2007/09/06 05:50】 Tibullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ティブッルス第2巻第6歌1-20行

Castra Macer sequitur: tenero quid fiet Amori?
 sit comes et collo fortiter arma gerat?
est seu longa virum terrae via seu vaga ducent
 aequora, cum telis ad latus ire volet?
ure, puer, quaeso, tua qui ferus otia liquit,     5
 atque iterum erronem sub tua signa voca.
quod si militibus parces, erit hic quoque miles,
 ipse levem galea qui sibi portet aquam.
castra peto, valeatque Venus valeantque puellae:
 et mihi sunt vires, et mihi facta tuba est.    10
magna loquor, sed magnifice mihi magna locuto
 excutiunt clausae fortia verba fores.
iuravi quotiens rediturum ad limina numquam!
 cum bene iuravi, pes tamen ipse redit.
acer Amor, fractas utinam, tua tela, sagittas,   15
 si licet, extinctas adspiciamque faces!      
tu miserum torques, tu me mihi dira precari
 cogis et insana mente nefanda loqui.
iam mala finissem leto, sed credula vitam
 Spes fovet et fore cras semper ait melius.    20

マケル*1は戦陣へと行く.柔弱なアモルはどうなるのだろう?
 彼は同伴者となって,肩に力強く武器を担ぐだろうか.
軍人たる彼を長い陸行の道や,たゆたう海が
 導くだろうか,彼が矢を持って脇についてゆくことを欲する時に?
焼くが良い,子神よ,つれなくもお前の閑暇を捨てた奴は.
 そして再び逃亡者として,お前の旗印の下へと呼べ.
だがもし兵士らにお前が手加減するのであれば,この私もまた兵士になるだろう,
 自分で僅かな水を兜で運ぶような兵士に*2
僕は陣営へ向かおう,さらば,ウェヌスよ,さらば,女性たちよ.
 僕にも力があるし,僕にも戦陣ラッパが作られたのだ.
僕は大言を吐いている,だが豪勢に大言を吐いている僕の
 力強い言葉を,閉ざされた門が打ち払う.
何度僕は,二度と門のところへ戻らないと誓ったことか!
 しっかり誓った後で,しかし足がひとりでに戻って行くのだ.
気性激しいアモルよ,もしゆるされるなら,お前の飛び道具の矢が,
 砕け,松明が消えているのを見たいもの.
お前は哀れな私を苛むし,お前は私に,自らを呪うのを
 強い,狂おしい心で,許されざることを語ることを強いる.
この不幸をもう死で終らせられていれば,だがお人好しの
 「希望」は命を助け,いつも明日にはもっと良くなると言うのだ.

*1 特定は難しい.Aemilius MacerとPompeius Macerが実存する人物としては考えられるが,単に恋する者のpseudonymであるとも考えられる(恋する者は痩せている(macer)のが恋愛詩での取り決め).
*2 マケルと異なり,従者のない一般兵として,ということ.


【2007/09/05 19:33】 Tibullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ティブッルス第2巻第3歌61-80行(完結)

at tibi dura seges, Nemesin qui abducis ab urbe,
 persolvat nulla semina terra fide.
et tu, Bacche tener, iucundae consitor uvae,
 tu quoque devotos, Bacche, relinque lacus.
haud impune licet formosas tristibus agris     65
 abdere: non tanti sunt tua musta, pater.
o valeant fruges, ne sint modo rure puellae.
 glans alat, et prisco more bibantur aquae.
glans aluit veteres, et passim semper amarunt.
 quid nocuit sulcos non habuisse satos?      70
tum, quibus adspirabat Amor, praebebat aperte
 mitis in umbrosa gaudia valle Venus.
nullus erat custos, nulla exclusura dolentes
 ianua; si fas est, mos precor ille redi.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・       75
 horrida villosa corpora veste tegant.
nunc si clausa mea est, si copia rara videndi,
 heu miserum, laxam quid iuvat esse togam?
ducite: ad imperium dominae sulcabimus agros,
 non ego me vinclis verberibusque nego.     80

だが,お前には作物がつれなくあれ,ネメシスを都から連れ出した奴よ,
 大地も,忠義を守って種を返す事がないように.
そして,汝,若者たるバッコスよ,快楽もたらす葡萄の植え手よ,
 汝もまた,バッコスよ,私が呪った葡萄桶を見放し給え.
美しい女性を楽しみもない畑に隠して,罰を逃れることは
 できない.父たるバッコスよ,そんな目に遭うためのあなたの葡萄酒ではない.
さらば,畑の実りよ,もし女性らが畑にいないのであれば.
 団栗が人を養えばよい,そして,古の様に,人は水を飲んでいればよい.
団栗が古の人を養った,そして彼らはいつもそこら中で愛を結んだのだ.
 なぜ畝に作物がない事が,良くないことがあろうか.
その時代には,アモルが息を吹き込んだ者には,おおらかなウェヌスが
 隠す事なく蔭多き谷での歓楽を供したのであった.
見張りなぞいなかった,閉め出して悲しみを味わわせる
 門もなかった.もし許されるなら,かの習わしが戻ることを僕は願う.
…………………………………………………………
 むくつけき身体を毛むくじゃらの服が被わんことを.
今,もし僕の彼女が閉ざされているなら,もし見る機会が滅多にないなら,
 ああ,不幸な僕よ,緩いトガ*1が何の役に立とうか.
連れて行ってくれ.女主人の命により,僕は畑を耕そう,
 僕は縛めも鞭も厭う事はない.

*1 緩いトガは,ダンディな男の着こなしとされていた.


【2007/09/05 15:49】 Tibullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ティブッルス第2巻第3歌47-60行

at mihi laeta trahunt Samiae convivia testae
 fictaque Cumana lubrica terra rota.
heu, heu, divitibus video gaudere puellas:
 iam veniant praedae, si Venus optat opes,    50
ut mea luxuria Nemesis fluat utque per urbem
 incedat donis conspicienda meis.
illa gerat vestes tenues, quas femina Coa
 texuit, auratas disposuitque vias;
illi sint comites fusci, quos India torret,        55
 Solis et admotis inficit ignis equis;
illi selectos certent praebere colores
 Africa puniceum purpureumque Tyros.
nota loquor: regnum ipse tenet, quem saepe coegit
 barbara gypsatos ferre catasta pedes.      60


47 mihi Flor. : tibi cett.

だが,サモスの陶器と,クーマエのろくろで作られた
 粘土の焼き物*1を使った宴を私は続けている.
ああ,ああ,僕は女性が財産を喜ぶのを僕は見ている.
 もしウェヌスが資産を望むなら,その時には分捕り品に来てもらいたい,
わがネメシスが贅沢のうちに漂い,そして都中を
 僕の贈り物をもって見せびらかしに歩くようになるよう.
彼女はコースの女性が織り,金糸をあしらった
 薄衣*2を纏ってほしい,
彼女には,インドが焼き,太陽の火が,馬が近いために色付けた
 色黒の侍女たちが付き添ってほしい.
彼女には,アフリカとテュロスが競ってより抜きの染め物を与えて欲しい,
 アフリカは朱の,テュロスは紫の染め物を.
周知のことを言っているのだ:あいつが王国を持っている,しばしば
 奴隷展示台で足を白く塗った歩くように命じられた当の奴隷*3が.

*1 安価な食器.
*2 コースの着物は特に高級娼婦の衣服.
*3 ここでは,すでにある解放奴隷が,財産でネメシスを買ったと言っている.王国(regnum)は,しばしば恋する女性との床をさす.奴隷は売りに出される際には,足を白く塗って,その素質を見るために歩かされたりしていた.


【2007/09/05 07:07】 Tibullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ティブッルス第2巻第3歌33-46行

at tu, quisquis is es, cui tristi fronte Cupido
 imperat, ut nostra sint tua castra domo,
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ferrea non Venerem, sed praedam saecula laudant, 35
 praeda tamen multis est operata malis.
praeda feras acies cinxit discordibus armis:
 hinc cruor, hinc caedes mors propiorque venit.
praeda vago iussit geminare pericula ponto,
 bellica cum dubiis rostra dedit ratibus.      40
praedator cupit immensos obsidere campos,
 ut multa innumera iugera pascat ove;
cui lapis externus curae est, urbisque tumultu
 portatur validis mille columna iugis,
claudit et indomitum moles mare, lentus ut intra  45
 neglegat hibernas piscis adesse minas.

33 es P V2 : est cett.

だが,君が誰であれ,クピードーが厳しい顔つきで
 君の家に僕の城があるようにと命ずる者は,
…………………………………………………
 …………………………………………………
冷徹な時代はウェヌスではなく,分捕り品を賞賛するが,
 しかし分捕り品は多くの災いと共に得られたものだ.
分捕り品は荒々しい戦列を市民戦争の武器で取り囲んだ.
 ここから血が,ここから殺戮と早すぎる死がやって来るのだ.
分捕り品は,当てにならぬ舟に戦の船嘴を与えた時に,
 荒れる海での危険を二倍にすることを命じた.
分捕り品を欲する者は,何ユゲルムもの地で無数の羊を食ますために,
 広大な野を所有することを欲する.
そして彼には外国の宝石を好み,都の混乱に乗じて
 力強い軛にて多くの柱を運び,
そして莫大な物資で御し難き海を塞ぎ,その中で
 魚も気楽に冬の嵐の脅威がないという程であった.


【2007/09/04 13:48】 Tibullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ティブッルス第2巻第3歌11-32行

pavit et Admeti tauros formosus Apollo,
 nec cithara intonsae profueruntve comae,
nec potuit curas sanare salubribus herbis:
 quicquid erat medicae, vicerat, artis, amor.
ipse deus solitus stabulis expellere vaccas    14a
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
et miscere novo docuisse coagula lacte,     14b
 lacteus et mixtus obriguisse liquor.       14c
tum fiscella levi detexta est vimine iunci,     15
 raraque per nexus est via facta sero.
o quotiens illo vitulum gestante per agros
 dicitur occurrens erubuisse soror!
o quotiens ausae, caneret dum valle sub alta,
 rumpere mugitu carmina docta boves!     20
saepe duces trepidis petiere oracula rebus,
 venit et a templis irrita turba domum;
saepe horrere sacros doluit Latona capillos,
 quos admirata est ipsa noverca prius.
quisquis inornatumque caput crinesque solutos  25
 adspiceret, Phoebi quaereret ille comam.
Delos ubi nunc, Phobe, tua est, ubi Delphica Pytho?
 nempe Amor in parva te iubet esse casa.
Felices olim, Veneri cum fertur aperte
 servire aeternos non puduisse deos.      30
fabula nunc ille est, sed cui sua cura puella est,
 fabula sit mavolt quam sine amore deus.

麗しきアポッローンも,アドメートゥスの牛を放牧し*1
 そのキタラも切られぬ長髪も役には立たず,
患い癒す薬草も恋患いを治す事はできなかった.
 いかなる医術の業があっても,アモルは打ち負かしたのだ.
神自らが,牛舎から雌牛どもを追い出したもの
 ………………………………………………
そして,新しい牛乳を凝乳に混ぜることを教え,
 牛乳の水分が混ざって固まったと言う.
その時,イグサの篭は細い柳で編まれて,
 その継ぎ目によって,乳漿を濾過する荒い目が作られた.
おお,彼が子牛を連れて畑を行く時,
 人の語る所では,出会った妹が何度顔を真っ赤にしたことか.
おお,深い谷底で彼が歌う
 雌牛どもが何度格調高い歌をうなり声で失礼にも台無しにしたことか.
しばしば将軍は,不穏な時にあって神託を得に来たが,
 群衆は神殿から期待適わずに家に赴いた.
しばしばラートーナ*2は彼の髪がぼうぼうであるのを悲しんだ.
 以前は彼の継母*3でさえもがそれを賞賛したものだったが.
整わぬ頭と結ばれもせぬ髪を見た者は
 だれでも,ポエブスの髪を空しく探したことだろう.
あなたのデーロス島は今やどこにあるのか,ポエブスよ,デルポイのピュートーも?
 実にアモルは小さい家の中にお前がいるように命じている.
幸いなるかな,人の言うように,永久にまします神々が
 ウェヌスに公然と使える事を恥じなかった時には.
今や彼は語りぐさであるが,しかし彼には彼の愛する女性がいる.
 彼は語りぐさになることを欲するだろう,愛を欠いた神でいるよりは.


*1 通常,アポッローンがアドメートゥスのために牛の世話をしたのは,キュクロープス殺害の罰であるが,アドメートゥスへの恋からそうしたという別バージョンがここでは下敷きになっている.例えばCallimach. Hymn. 2.47-9を参照.
*2 アポッローンの母. *3 ユーノー.


【2007/09/04 08:50】 Tibullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ティブッルス第2巻第3歌1-10行

Rura meam, Cornute, tenent villaeque puellam;
 ferreus est, heu, heu, quisquis in urbe manet.
ipsa Venus latos iam nunc migravit in agros,
 verbaque aratoris rustica discit Amor.
O ego, cum adspicerem dominam, quam fortiter illic  5
 versarem valido pingue bidente solum
agricolaeque modo curvum sectarer aratrum,
 dum subigunt steriles arva serenda boves,
nec quererer, quod sol graciles exureret artus,
 laederet et teneras pussula rupta manus.      10

田舎の別荘が,コルヌートゥスよ,僕の彼女を引き留めている.
 堅物野郎だ,ああ,ああ,都に留まっていらる奴はだれでも.
ウェヌス自身も今やもう広々とした畑に移り住んだ.
 そしてアモルは田舎言葉を教えている.
おお,僕こそ,女主人を見たなら,いかに力強くそこで
 逞しき鍬で豊かな土を耕すことか,
そして農夫のするように,痩せた牛が
 種蒔かれるべき畑を耕す時に,曲がった鋤を追い,
太陽が痩せた四肢を焼くとか,
 豆が破れて軟弱な手が痛いと文句をいったりもしないだろうに.


【2007/09/03 17:29】 Tibullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ティブッルス第2巻第5歌101-122行 (完結)

ingeret hic potus iuvenis maledicta puellae,
 postmodo quae votis irrita facta velit:
nam ferus ille suae plorabit sobrius idem
 et se iurabit mente fuisse mala.
pace tua pereant arcus pereantque sagittae,   105
 Phoebe, modo in terris erret inermis Amor.
ars bona, sed postquam sumpsit sibi tela Cupido,
 heu, heu, quam multis ars dedit ista malum!
et mihi praecipue: iaceo cum saucius annum
 et faveo morbo, cum iuvat ipse dolor,     110
usque cano Nemesin, sine qua versus mihi nullus
 verba potest iustos aut reperire pedes.
at tu ― nam divum servat tutela poetas ―
 praemoneo, vati parce, puella, sacro,
ut Messalinum celebrem, cum praemia belli    115
 ante suos currus oppida victa feret,
ipse gerens laurus: lauro devinctus agresti
 miles 'o' magna voce 'triumphe' canet.   
tum Messalla meus pia det spectacula turbae
 et plaudat curru praetereunte pater.      120
adnue: sic tibi sint intonsi, Phoebe, capilli,
 sic tua perpetuo sit tibi casta soror.

ここで若者はよって乙女に悪口を言うだろう,
 後で,神に誓ってまで,空しくあることを欲する言葉を.
というのも,猛々しいその彼は,素面になれば彼女に縋り,
 そして自分は気がおかしかったのだと誓うことだろう.
気を害されぬよう,だが汝の弓が滅びん事を,矢が滅びん事を,
 ポエブスよ,もしアモルが地上で武装せずに彷徨ってくれさえすれば.
素晴らしい技だが,しかしクピードーが矢を取ってからは,
 ああ,ああ,いかに多くの者に,汝の技が災いもたらしたことか!
とりわけ僕にはそうだ.僕は一年も傷つき横たわり,
 そして僕は病に喜び,苦しみ自体が快い.
ずっと僕はネメシスを歌おう,彼女無しには僕のどの詩行も
 正しい脚を見出す事はできない.
だが,君は――何となれば神々の加護が詩人を守るのだから――
 僕は警告する,乙女よ,聖なる詩人には手加減せよ,
メッサリーヌスが戦の獲物たる,制服した町を
 来る前の前に掲げて歩き,自らも花冠を冠る時,
僕がメッサリーヌスを讃えられるように.田舎の月桂樹を巻いた
 兵士は,大声で「おお,勝利よ!」と歌うだろう.
その時,わがメッサッラは,群衆に,親子の絆示す大会を催し,
 そして車が通り過ぎる時には,父として喝采をせんことを.
嘉したまえ.さすれば,ポエブスよ,汝に梳らぬ髪があり,
 さすれば汝の妹も,永遠に汚れずにおわすことを*1

*1 しばしばsicは,ある願いが叶えられるなら,こういったことがあることを私も願おう,という表現に用いられる(Hofmann-Szantyr p.331).


【2007/09/02 05:08】 Tibullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ティブッルス第2巻第5歌83-100行

laurus ubi bona signa dedit, gaudete coloni:
 distendet spicis horrea plena Ceres,
oblitus et musto feriet pede rusticus uvas,   85
 dolia dum magni deficiantque lacus,
ac madidus Baccho sua festa Palilia pastor
 concinet: a stabulis tunc procul este lupi.
ille levis stipulae sollemnis potus acervos
 accendet, flammas transilietque sacras,   90
et ferus matrona dabit, natusque parenti
 oscula comprensis auribus eripiet,
nec taedebit avum parvo advigilare nepoti
 balbaque cum puero dicere verba senem.
tunc operata deo pubes discumbet in herba,   95
 arboris antiquae qua levis umbra cadit,
aut e veste sua tendent umbracula sertis
 vincta, coronatus stabit et ipse calix.
at sibi quisque dapes et festas exstruet alte
 caespitibus mensas caespitibusque torum.  100

月桂樹が良き徴を与えしときは,農夫らよ,喜べ.
 ケレースは汝らの穀倉を穂で満たすだろう.
葡萄の搾り汁で濡れながら,樽も大桶も足りなくなるまで
 農夫は足で葡萄を踏み,
酒に鵐に濡れて,牧人は自らの祭りパリーリア祭*1
 歌い祝うだろう.その時には,狼どもよ,家畜小屋から遠く離れておれ.
彼は酔いしれつつ,聖なるわらの山に火をつけ,
 そして聖なる炎を飛び越えるだろう,
そしてその妻は子宝を授かるだろう,そして幼子は父親の
 耳をつかんで口づけをし,
そして老いた祖父は小さな孫の傍で寝ずの番をし,
 幼子とどもった言葉で話すのを厭わぬだろう.
その時,神のために仕えた民は,
 古木が薄い蔭を落とす草の上に寝そべって,
自分の服で作った,花冠で巻かれた日傘をはり,
 杯自体も花冠で飾られて立てられるだろう.
そうして,各人が自分のために宴と準備し,芝土で
 高く盛られた祭りの食卓と,芝土で寝椅子を設えるだろう.

*1 牧人の神パレースの祭り.4月21日に行われ,家畜と畜舎は清められ,藁が燃やされてその上を飛ぶ儀式(本歌89-90行参照)が行われる.


【2007/09/02 04:02】 Tibullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。