ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | 記事修正

TOPへ


ファイル訂正

カトゥッルス64の対訳ファイル,途中抜けていたりみにくかったりしたので,作り直しました.まだ原文や訳そのものにはあまり手は入れていないですが,ぼちぼち直していきたいと思います.

スポンサーサイト

【2008/03/31 15:32】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス新刊

カトゥッルス最近あまり読んでませんでした.随時翻訳を点検する予定だったのですが.で,Oxfordから新刊が.といっても去年にでていたものですが.

Gaisser, Julia Haig Ed. Catullus. Oxford Readings in Classical Studies. Oxford: Oxford UP., 2007.

大変買いたい本ですが,高いです.ペーパーで8000円以上.ああ,1ドル30円ぐらいになってくれれば…….

ところでOCTのPropertius,ようやく到着しそうです.いや,なかなか楽しみというか,こわいというか…….こちらは5000円近くしてしまいました.


【2008/03/14 20:25】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス63歌74-93行(完結)

roseis ut hinc labellis sonitus <citus> abiit,
geminas deorum ad aures nova nuntia referens,  75
ibi iuncta iuga resolvens Cybele leonibus
laevumue pecoris hostem stimulans ita loquitur.
'agedum', inquit 'age ferox <i>, fac ut hunc furor <agitet>,
fac uti furoris ictu reditum in nemora ferat,
mea libere nimis qui fugere imperia cupit.     80
age caede terga cauda, tua verbera patere,
fac cuncta mugienti fremitu loca retonent,
rutilam ferox torosa cervice quate iubam.'
ait haec minax Cybebe religatque iuga manu.
ferus ipse sese adhortans rapidum incitat animo,  85
vadit, fremit, refringit virgulta pede vago.
at ubi umida albicantis loca litoris adiit,
teneramque vidit Attin prope marmora pelagi,
facit impetum. illa demens fugit in nemora fera;
ibi semper omne vitae spatium famula fuit.     90

dea, magna dea, Cybebe, dea domina Dindymi,
procul a mea tuos sit furor omnis, era, domo:
alios age incitatos, alios age rabidos.

74 huic θ : hinc V

彼の薔薇色の口からこの声が出て,素早く
神々の二つの耳に新たな知らせをもたらすや否や,
キュベレー女神はライオンたち*1に括りつけている軛を解き,
左側にいる家畜の敵を叩きながら,このように言う.
「さあ」彼女は言った「さあ,獰猛なお前,行って,狂気が彼を駆り立てるようにせよ,
彼が狂気に打たれて森へ帰るようにせよ,
彼は自由になって,あまりに激しく私の支配を逃れることを望んでいる.
さあ,尻尾で背中をうて,お前自身の鞭に耐えよ,
全ての場所をうなり声でもって轟かせよ,
荒々しく,逞しい首で赤いたてがみを打ち振るえ」
キュベレー女神は,恐ろしい顔つきでこう言って,手で軛を取り外した.
獣は自ら自分を荒々しく励まして心荒れ狂い,
進んでは唸り,さまよえる足にて茂みを押し倒す.
だが,白くほのめく岸辺の湿った場所に辿り着き,
弱々しげなアッティスが海の大理石のような水面の傍にいるのを見るや否や,
襲いかかった.彼女は我を失い,原生林へと逃げ込む.
そこで彼女は,人生のすべてを,ずっと奴隷として過ごした.

女神よ,偉大な女神よ,キュベレーよ,ディンデュモス山の主人たる女神よ,
私の家からは,あらゆるあなたの狂気が,女主人よ,遠くにあらんことを,
他の者を駆り立て,他の者を狂気にせんことを.


*1 キュベレー女神はしばしばライオンが引く戦車に乗った姿で描かれる.


【2006/11/01 02:21】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス63歌50-73行

'patria o mei creatrix, patria o mea genetrix,   50
ego quam miser relinquens, dominos ut erifugae
famuli solent, ad Idae tetuli nemora pedem,
ut aput nivem et ferarum gelida stabula forem,
et earum omnia adirem furibunda latibula,
ubinam aut quibus locis te positam, patria, reor? 55
cupit ipsa popula ad te sibi derigere aciem,
rabie fera carens dum breve tempus animus est.
egone a mea remota haec ferar in nemora domo?
patria, bonis, amicis, genitoribus abero?
abero foro, palaestra, stadio et gyminasiis?   60
miser a miser, querendum est etiam atque etiam, anime.
quod enim genus figuraest, ego non quod obierim?
ego mulier, ego adolescens, ego ephebus, ego puer,
ego gymnasi fui flos, ego eram decus olei:
mihi ianuae frequentes, mihi limina tepida,    65
mihi floridis corollis redimita domus erat,
linquendum ubi esset orto mihi Sole cubiculum.
ego nunc deum ministra et Cybeles famula ferar?
ego Maenas, ego mei pars, ego vir sterilis ero?
ego viridis algida Idae nive amicta loca colam?  70
ego vitam agam sub altis Phrygiae columinibus,
ubi cerva siluicultrix, ubi aper nemorivagus?
iam iam dolet quod egi, iam iamque paenitet.'

「わが創り手たる祖国よ,わが産みの親たる祖国よ,
私は哀れにもあなたを捨てた,あたかも脱走した奴隷が
主人を捨てるように.そうして,イーダの森へと足を運んだ,
行きと獣達の氷つくねぐらに居て,
そして狂おしくそれらのあらゆる隠れ家を訪れるために.
一体どこに,あるいはいかなる場所に,あなたがあると,考えたらいいのか?
私の心が荒々しい狂気を欠いている短い間,
瞳自体が,あなたに自分の視線を向ける事を欲している,
私は私の家から遠く離れて,この森へと向かって行くのだろうか?
祖国から,家財から,友から,産みの親から離れるのだろうか?
広場から,闘技場から,競技場から,体育場から離れるのだろうか?
哀れな魂よ,哀れな魂よ,何度嘆いても嘆き足りない.
なぜなら,私がなったことのない姿の類いはなんだろうか?
私は女であり,私は青年であり,私は若者であり,私は子供であり,
私は体育場の華であったし,私はレスリングの花形であった.
私の門は人が足しげく通い,私の敷居は冷めることなく,
太陽が上って私が寝床を後にしなければならない時には,
私の家は花咲く花冠で覆われていた,
私は今,神々に召使い女と,そしてキュベレーの女奴隷と呼ばれるのだろうか.
私はバッコス信女と,私は私の一部に過ぎず,私は不毛な男となるのだろうか.
私は青々したイーダ山の,雪に覆われた寒い場所に住むのだろうか,
私は,森に住まう鹿や,森をうろつく猪のいる,
プリュギアの聳える絶壁の麓で人生を送るのだろうか.
今や,今や,私の所業が悲しく,今や,今や,後悔しきりだ」


【2006/10/31 22:44】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第63歌について

カトゥッルスの63歌は,キュベレー女神崇拝にかかわるものです.主人公はアッティスという若者で,この話では,プリュギアに訪れてから自らを去勢し,キュベレー女神に仕える者となるのですが,様々なバージョンがあったようです.色々な意味で,ローマ詩の中でも特異なこの63歌については,最近研究が盛んになって来ているようで,ざっと参考文献などを見回すと,これぐらい出て来ます.(もっとも大半入手できないでいるのですが……).

Gall, Dorothea. "Catulls Attis-Gedicht im Licht der Quellen." Würzburger Jahrbücher für die Altertumswissenschaft 23 (1999): 83-99.

Lancellotti, Maria Grazia. Attis. Between Myth and History: King, Priest and God. Religions in the Graeco-Roman World 149. Leiden: Brill, 2002. BMCR の書評

Lane, E. Ed. Cybele, Attis, and Related Cults. Essays in Memory of M.J. Vermaseren. Religions in the Greco-Roman World 131. Leiden: Brill, 1996. BMCR の書評

Lefèvre, Eckard. "Alexandrinisches und Catullisches im Attisgedicht (c. 63)." Rheinisches Museum für Philologie 141 (1998): 308-28.

Nauta, Ruurd R. and Annette Harder Ed. Catullus' Poem on Attis : Text and Contexts. Leiden: Brill, 2004. BMCR の書評

Panoussi, Vassiliki. "Ego maenas. Maenadism, marriage, and the construction of female identity in Catullus 63 and 64." Helios 30 (2003): 101-26.

Wray, David. "Attis' Groin Weights (Catullus 63.5)." Classical Philology 96 (2001): 120-26.


韻律はGalliambicsという,特殊なもので,カッリマコスなど,ヘレニズム期の詩人などが使っていたようです.ローマではワッローが既に使っていたようですが(やはりキュベレー女神に関する詩で,断片が現存),現存する完全な形のものは,ギリシア・ローマを通じて,カトゥッルスのこの詩のみです.

     U U ? | U ? | U ? | ? || U U ? | U U U | U ?

U U と ? は交換可能です.例えば5行のstimulatus ibi furenti ... では,ibiのところの U U が ? の代わりをしています.


【2006/10/31 21:37】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス63歌27-49行

simul haec comitibus Attis cecinit notha mulier,
thiasus repente linguis trepidantibus ululat,
leve tympanum remugit, cava cymbala recrepant,
viridem citus adit Idam properante pede chorus. 30
furibunda simul anhelans vaga vadit animam agens
comitata tympano Attis per opaca nemora dux,
veluti iuvenca vitans onus indomita iugi;
rapidae ducem sequuntur Gallae properipedem.
itaque, ut domum Cybebes tetigere lassulae,   35
nimio e labore somnum capiunt sine Cerere.
piger his labante languore oculos sopor operit;
abit in quiete molli rabidus furor animi.
sed ubi oris aurei Sol radiantibus oculis
lustravit aethera album, sola dura, mare ferum,  40
pepulitque noctis umbras vegetis sonipedibus,
ibi Somnus excitam Attin fugiens citus abiit;
trepidante eum recepit dea Pasithea sinu.
ita de quiete molli rapida sine rabie
simul ipsa pectore Attis sua facta recoluit,    45
liquidaque mente vidit sine quis ubique foret,
animo aestuante rusum reditum ad vada tetulit.
ibi maria vasta visens lacrimantibus oculis,
patriam allocuta maestast ita voce miseriter.

偽の女アッティスはこれらを連れの者らに歌うや否や,
バッコス信者らはたちまち震える舌で叫び声をあげ,
タンバリンは唸り,空ろなシンバルは音を立て,
踊り手らは青々としたイーダ山へと足を急かせて急ぎ向かう.
アッティスは狂おしく大きく息をきらせながら彷徨い進み,
タンバリンに合わせて暗い森を先導する様は,
あたかも飼いならされていない若牛が,軛の重荷を避けるよう.
駆けるガッラたちは,足速き先導者を追う.
そうして,疲れた彼女らがキュベレーの住まいへと辿りついた時,
彼女らは,あまりの疲労から,食事もとらずに眠りを貪る.
疲労が入り込み,けだるい眠りが彼らの眼を覆う.
穏やかな休息の中で,荒れ狂う心の狂気は去る.
だが,黄金の顔の太陽が,輝ける眼で
白い大気と,堅固な大地,荒れ狂う海を照らし,
元気な馬とともに,夜の陰を追い払ったその時,
「眠り」は目覚めたアッティスを逃れ,急いで去って行った.
その「眠り」を,女神パシテア*1は震える懐に受け入れた.
そうして,穏やかな休息から覚めて,荒れ狂う狂気もなく,
アッティスは自分でした事を思い返し,
はっきりした頭で,自分に何がなくなり,どこにいるのかを理解するや否や,
気持が燃え立って,浅瀬へと再び踵を返した.
そこで,大海を涙にくれる眼で眺めつつ,
あわれにも彼女は,祖国*2に向かって,悲しげな声でこう語った.


*1 眠りの夫.
*2 この歌では,アッティスはギリシアから来たように描かれている.


【2006/10/31 21:13】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス63歌1-26行

Super alta vectus Attis celeri rate maria
Phrygium ut nemus citato cupide pede tetigit
adiitque opaca silvis redimita loca deae,
stimulatus ibi furenti rabie, vagus animis,
devolsit ili acuto sibi pondera silice,        5
itaque ut relicta sensit sibi membra sine viro,
etiam recente terrae sola sanguine maculans,
niveis citata cepit manibus leve typanum,
typanum tuum, Cybebe, tua, mater, initia,
quatiens terga tauri teneris cava digitis      10
canere haec suis adorta est tremebunda comitibus.
'agite ite ad alta, Gallae, Cybeles nemora simul,
simul ite, Dindymenae dominae vaga pecora,
aliena quae petentes velut exules loca
sectam meam exsecutae duce me mihi comites  15
rapidum salum tulistis truculentaque pelagi,
et corpus evirastis Veneris nimio odio;
hilarate erae citatis erroribus animum.
mora tarda mente cedat: simul ite, sequimini
Phrygiam ad domum Cybebes, Phrygia ad nemora deae,
ubi cymbalum sonat vox, ubi tympana reboant,  21
tibicen ubi canit Phryx curvo grave calamo,
ubi capita Maenades vi iaciunt hederigerae,
ubi sacra sancta acutis ululatibus agitant,
ubi saevit illa divae volitare vaga cohors,     25
quo nos decet citatis celerare tripudiis.'

深き海の上をアッティスは足速き船で進み,
しきりにはやる足でプリュギアの森に辿り着き,
そして森で暗く覆われた女神の座の所に来た途端,
そこで荒れ狂う狂気に駆り立てられ,心も定かならぬまま,
自分の陰部の重みを鋭い石器にて毟り取った.
そうして,自分の身体に男がないことを知った時,
新たな地にて,大地の土を穢しさえしつつ,
「彼女」は白い手にて,軽やかにタンバリンをとった,
キュベレーよ,あなたの秘儀の道具であるタンバリンを,
空ろに張られた牛の背を,柔らかい指で弾きつつ,
彼女は震えながら連れの者らに,このように歌った.
「さあ,ガッラ司祭*1らよ,キュベレー女神の高みにある森へと共に進め,
共に進め,ディンデュモス山*2の女主人の,さまよえる家畜達も.
追放されしものの如くに,見知らぬ土地を求め,
我に付き従うものとなり,我を将として,我に従いし汝らは
荒れ狂う潮と恐ろしい海を耐え忍び,
そして並外れた愛の憎しみによって,汝らは身体を虚勢した.
汝らは激しく彷徨い歩いて,女神の心を喜ばせよ.
躊躇する気持を心から追い出せ.共に進め,
プリュギアのキュベレーの家,プリュギアの女神の森へと付き従え,
そこではシンバルの音が響き,そこではタンバリンが叫び返す,
そこではプリュギアの笛吹きが,曲がった葦笛で大きな音を奏で,
そこでは木蔦冠りしバッコス信者らが激しく頭を振り,
そこでは聖なる儀式を甲高い叫び声で執り行い,
そこでは女神のあのさまよえる集団が荒れ狂って飛び回る,
そこへ激しく三拍子の踊りして急ぎ向かうのは我らに相応しいこと.」


*1 キュベレー女神の司祭は,ガッルスと呼ばれた.ここではその女性形.
*2 プリュギア内陸の山.


【2006/10/31 03:13】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第3歌 小雀追悼

Lugete, o Veneres Cupidinesque,
et quantum est hominum venustiorum:
passer mortuus est meae puellae,
passer, deliciae meae puellae,
quem plus illa oculis suis amabat.   5
nam mellitus erat suamque norat
ipsam tam bene quam puella matrem,
nec sese a gremio illius movebat,
sed circumsiliens modo huc modo illuc
ad solam dominam usque pipiabat.  10
qui nunc it per iter tenebricosum
illud, unde negant redire quemquam.
at vobis male sit, malae tenebrae
Orci, quae omnia bella devoratis:
tam bellum mihi passerem abstulistis. 15
o factum male! o miselle passer!
tua nunc opera meae puellae
flendo turgiduli rubent ocelli.

悲しむがよい,おお,ウェヌスらとクビードーらよ,
そして,いる限りの全ての恋人らよ.
僕の彼女の小雀が死んだ,
僕の彼女のお気に入りの小雀が,
彼女はそれを自分の眼よりも愛していたのに.
なぜなら,それは蜜のように愛らしく,自分の
主人を,彼女が自分の母を知るのと同じ程よく知っていたし,
彼女の懐から出て行こうともせず,
あちらこちらと飛び回りながら,
ただ自分の女主人にだけずっとぴいぴいさえずっていた.
その小雀は,今かの暗き途を行く,
そこからは何人も帰る事を許されぬ途を.
だが,呪われよ,残酷な冥界の
暗闇よ,あらゆる美しきものを飲み込む奴らよ.
かくも美しき小雀を,お前達は奪ったのだ.
ああ,何たる災い!ああ,可哀想な小雀!
お前のせいで,今お前のご主人の彼女は,
泣きはらして眼をまっ赤にしているよ.


【2006/10/30 21:11】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第8歌 未練

Miser Catulle, desinas ineptire
et, quod vides perisse, perditum ducas.
fulsere quondam candidi tibi soles,
cum ventitabas quo puella ducebat
amata nobis quantum amabitur nulla.  5
ibi illa multa cum iocosa fiebant,
quae tu volebas nec puella nolebat,
fulsere vere candidi tibi soles.
nunc iam illa non volt: tu quoque impote<ns noli>,
nec quae fugit sectare, nec miser vive, 10
sed obstinata mente perfer, obdura.
vale, puella. iam Catullus obdurat,
nec te requiret nec rogabit invitam.
at tu dolebis, cum rogaberis nulla.
scelesta, vae te, quae tibi manet vita?  15
quis nunc te adibit? cui videberis bella?
quem nunc amabis? cuius esse diceris?
quem basiabis? cui labella mordebis?
at tu, Catulle, destinatus obdura.

哀れなカトゥッルスよ,無駄な事はやめろ,
そして,駄目になったのが分ったものは,駄目になったものと考えろ.
かつてはお前に,燦々とした日々が輝いていた,
他のどの女も愛されないほど,お前に愛された
彼女が連れて行くところに,お前はしばしば訪れていった,
そこで,お前が望み,彼女も嫌とはいわなかったところの
あの沢山の楽しみが営まれていた時,
お前には本当に燦々とした日々が輝いていた.
今やもう,彼女はそれを望まない.お前もまた,役立たずめ,望むのはやめろ,
逃げて行く彼女も追いかけるな,そして惨めに生きる事も止めろ,
堅い気持で,耐えろ,情を捨てろ.
さらばだ,君よ.もうカトゥッルスは情を捨てた,
そして,君を求めもしないし,嫌がる君にお願いもしない.
だが,お君のほうこそ悲しむだろう,全然お願いされることもなくなって.
性悪女よ,ああ,どんな人生が君を待っているだろうか?
今,誰が君の所に行くだろうか?誰に君は美しいと思われるだろうか?
今,誰を君は愛するだろうか?誰の女と,君は言われるだろうか?
誰を君は口づけするだろうか?誰の唇を君は噛むのか?
だが,カトゥッルスよ,決然と情を捨てろ.


【2006/10/30 20:47】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第107歌 最上の喜び

Si quicquam cupido optantique optigit umquam
 insperanti, hoc est gratum animo proprie.
quare hoc est gratum nobis quoque carius auro
 quod te restituis, Lesbia, mi cupido.
restituis cupido atque insperanti, ipsa refers te
 nobis. o lucem candidiore nota!
quis me uno vivit felicior, aut magis hac res
 optandas vita dicere quis poterit?

7-8 est | optandus V : res optandas Lachmann

もし誰かが,切望し乞い願っていながら決して望むべくもないものを
 手に入れたなら,それはその心にとっては本当に喜ばしいことだ.
だから,僕にもまた,このことは黄金よりもうれしいことだ,
 レスビアよ,君を切望する僕のもとに戻って来たことが.
切望しかつ期待する僕のもとに,君は戻って来た,君自身が自分で
 僕の所に帰って来たのだ.ああ,より輝かしい印のついた日よ*1
誰がこの僕よりも幸福に生きているだろうか,あるいは,だれが
 この人生よりもっと望ましいものを言う事ができるだろうか.


*1 良い日には,暦に石で印をつけたらしい.


【2006/10/30 19:44】 Catullus | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。