ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | 記事修正

TOPへ


リュグダムス(偽ティブッルス3巻)4歌 悪夢 1-22

Di meliora ferant, nec sint mihi somnia vera,
 quae tulit hesterna pessima nocte quies.
ite procul, vanum falsumque avertite visum:
 desinite in nobis quaerere velle fidem.
divi vera monent, venturae nuntia sortis   5
 vera monent Tuscis exta probata viris:
somnia fallaci ludunt temeraria nocte
 et pavidas mentes falsa timere iubent.
et natum in curas hominum genus omina noctis
 farre pio placant et saliente sale?     10
et tamen, utcumque est, sive illis vera moneri,
 mendaci somno credere sive solent,
efficiat vanos noctis Lucina timores
 et frustra immeritum pertimuisse velit,
si mea nec turpi mens est obnoxia facto   15
 nec laesit magnos impia lingua deos.
iam Nox aetherium nigris emensa quadrigis
 mundum caeruleo laverat amne rotas,
nec me sopierat menti deus utilis aegrae:
 Somnus sollicitas deficit ante domos.   20
tandem, cum summo Phoebus prospexit ab ortu,
 pressit languentis lumina sera quies.

9 natum in curas V2 : natum maturas Ω :
 vanum metuens ς


神々がより良きことをもたらしますよう,そして昨夜最悪の休息がもたらした夢が.
 僕に正夢となりませんよう.
お前たちは遠ざかれ,実のない偽りの光景を取り払え,
 僕の中に信じる気持ちを作ろうとするな.
神々は真実を忠告し,エトルリアの男たちにより検分された
 内臓*1は,来るべき運命の真実の知らせを忠告する.
思慮なき夢は,偽りの夜に
 怯える心をたぶらかし,偽りを畏れるように命ずるのだ.
だが心労の中に生まれた*2人間の種族は,夜の凶兆を
 捧げもののスペルト小麦と,はぜる塩で宥めるのか?
しかしながら,それらによって彼らに真実が告げられるのが常であれ,
 彼らが偽りの眠りを信じるのが常であれ,いずれにせよ
もし僕の心が恥ずべき悪行により罪深いものとなってもおらず,(15)
 不敬の舌が偉大な神々を傷つけていないのなら,(16)
ルーキーナ*3は,夜の恐怖を虚しいものとし,(13)
 そして罪なき者が無駄に怯えた,ということになることを欲するように,(14)
今や夜は黒い四頭立て馬車にて
 天上の世界を走り終え,蒼き河*4にて車輪を洗っていた.
だが,病んだ心を助ける神は,私を眠りにつかせてくれないでいた.
 眠りは不安もつ家の前では力失うのだ.
遂に,ポエボスが昇った日輪の天辺で見渡した時,
 遅い眠りがぐったりした私の瞳を覆った.


*1 エトルリア人は占いの技術に長けていた.内臓占いは,生け贄に捧げられた動物を屠った後に,内臓を検分することで行われた.
*2 「心労の中に生まれた」(natum in curas) はV写本の訂正(おそらく写字生による改訂)に従った.写本の伝えるこの部分 natum maturas では,韻律が長一個分余計になる上,maturas の形容詞が修飾する名詞もなく,単独でも意味不明なので,maturas の部分に誤写があることはほぼ確実.
*3 出産を司る際のユーノーの呼称.ここでなぜ夢と関係しているかは不明.
*4 河と呼ばれているが,海の果ての流れ,オーケアノスのこと.古代の円盤型の世界像では,円の縁を大河であるオーケアノスが流れているとされる.


スポンサーサイト

【2012/10/07 12:39】 [Tibullus] | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


リュグダムス(偽ティブッルス3巻)3歌 富よりもネアイラの愛 後編:23-38

sit mihi paupertas tecum iucunda, Neaera;
 at sine te regum munera nulla volo.
o niveam quae te poterit mihi reddere lucem, 25
 o mihi felicem terque quaterque diem!
at si, pro dulci reditu quaecumque voventur,
 audiat aversa non meus aure deus,
nec me regina iuvant nec Lydius aurifer amnis
 nec quas terrarum sustinet orbis opes.   30
haec alii cupiant; liceat mihi paupere cultu
 securo cara coniuge posse frui.
adsis et timidis faveas, Saturnia, votis,
 et faveas concha, Cypria, vecta tua.
aut si fata negant reditum tristesque sorores, 35
 stamina quae ducunt quaeque futura canunt,
me vocet in vastos amnes nigramque paludem
 Ditis et ignavam luridus Orcus aquam.


38 Ditis et ignavam luridus Orcus aquam Heinsius :
 dives in ignava luridus Orcus aqua Ω

僕にお前と一緒の楽しい貧困があらんことを,ネアエラよ.
 だが,お前なしには,王侯たちのいかなる贈り物をも僕は欲しない.
おお,僕にお前を返すことのできる純白の日!
 おお,僕にとって,三倍も四倍も幸福な日!
だがもし,愛しい帰還のために願掛けされた全てのことに,
 わが神が耳を背けてお聞きにならないのであれば,
僕は王国も嬉しくはなく,リュディアの黄金もたらす河*1も,
 大地が産する富も嬉しくはない.
他のものらがこれらを欲すればよい.僕のほうは,貧しくとも
 安全な生活をもって,親しい妻を享受できんことを.
サトゥルヌスの娘神*2よ,僕の慎ましい願掛けに姿あらわしたまえ.
 そして,あなたの貝によって運ばれるキュプロスの女神*3も,好意示したまえ.
あるいは,もし運命と,糸を繰り,運命を歌う姉妹が
 冷酷にも帰還を拒むのであれば,
土気色の冥王が僕を冥界の巨大な河,黒い沼,
 澱む水へと呼ばんことを.


*1 リュディアを流れるパクトルス河(現名Sart Çayı河)のこと.古代のリュディアの都市サルディス(地図Cd.現サリフリSalihli近郊)を流れ,ヘルムス河(現ゲディズGediz河)に注ぐ.砂金が採れていた(後に採れなくなった).
*2 婚姻を司る女神ユーノー.
*3 愛の女神ウェヌス.



【2012/09/30 13:39】 [Tibullus] | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


リュグダムス(偽ティブッルス3巻)3歌 富よりもネアイラの愛 前編:1-22

Qui prodest caelum votis implesse, Neaera,
 blandaque cum multa tura dedisse prece,
non ut marmorei prodirem e limine tecti,
 insignis clara conspicuusque domo,
aut ut multa mei renovarent iugera tauri    5
 et magnas messes terra benigna daret,
sed tecum ut longae sociarem gaudia vitae
 inque tuo caderet nostra senecta sinu,
tunc cum permenso defunctus tempore lucis
 nudus Lethaea cogerer ire rate?      10
nam grave quid prodest pondus mihi divitis auri,
 arvaque si findant pinguia mille boves,
quidve domus prodest Phrygiis innixa columnis,
 Taenare sive tuis, sive Caryste tuis,
et nemora in domibus sacros imitantia lucos  15
 aurataeque trabes marmoreumque solum,
quidve in Erythraeo legitur quae litore concha
 tinctaque Sidonio murice lana iuvat,
et quae praeterea populus miratur? in illis
 invidia est: falso plurima vulgus amat.    20
non opibus mentes hominum curaeque levantur;
 nam Fortuna sua tempora lege regit.


何の役に立つのか,ネアエラよ,僕が天を願掛けで満たしたことが,
 そして多くの祈りとともに,ご機嫌宥める香をあげたことが?
僕がそうするのは大理石の家の敷居から,
 高名な家から人目を引きつつ,見栄えよく僕が出て行くことを願ってのことでも,
あるいは僕の牛が幾ユーゲルム*1をも耕し,
 そして大地が恵み深く,多くの収穫を与えるように願ってのことでもなく,
光の時間を生き終えて死んだ僕が(9)
 裸のまま三途の川の筏に乗って行くことを強いられた時,(10)
お前とともに長い人生の喜びを分かち合い,(7)
 そしてお前の懐の中で,僕の老年が倒れるようにと願ってのこと.(8)
なぜなら,僕にとって,高価な金の重みが何の役に立とう,
 もし千もの牛が豊かな畑を耕したとしても,
あるいはプリュギアの柱*2に支えられている家が何の役に立とう,
 あるいはタイナロスよ,お前の柱*3に,あるいはカリュストスよ,お前の柱*4に支えられている家が?
また,家々の中で,聖なる林を模している森や,
 金箔の貼られた梁,大理石の床が,
あるいは,紅海の岸で集められる貝*5や,
 フェニキアの紫貝*6で染められた羊毛が,何の喜びとなろう,
また,その他人々が賛嘆するものが?それらの中には
 妬みがあるのだ.大衆は誤って極めて多くのものを愛好するものだ.
財によって人々の心と心労は軽くはならない,
 というのも,運命女神がその法に則って時節を支配しているのだから.


*1 1ユーゲルムは2.5km2
*2 紫に白の混じった大理石が,プリュギアのシュンナダ(地図Dc)の近くで産出した.
*3 ペロポンネーソス半島の南端タイナロス(地図Cc)で取れる大理石は黒いものだった.
*4 エウボイアの南端のカリュストス(地図Ea)では,緑に白の混じった大理石が産出した.
*5 紅海は今でいう紅海の範囲より広く,インド洋やペルシャ湾をも含んだ.貝はここでは真珠のこと.
*6 ツロツブリ(Hexaplex trunclus Wikipedia参照)あるいはシリアツブリボラ(Bolinus blandaris Wikipedia参照)のこと(和名のリンク先は『微小貝データーベース』様.驚くべき情熱と忍耐力により作られた素晴らしいデーターベースです).フェニキア人はこの貝から取れた紫の染料で染めた衣服を専売にしていた.



【2012/09/30 02:58】 [Tibullus] | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) | 記事修正

TOPへ


リュグダムス(偽ティブッルス3巻)2歌 リュグダムスの埋葬

Qui primus caram iuveni carumque puellae
 eripuit iuvenem, ferreus ille fuit.
durus et ille fuit, qui tantum ferre dolorem,
 vivere et erepta coniuge qui potuit.
non ego firmus in hoc, non haec patientia nostro 5
 ingenio: frangit fortia corda dolor.
nec mihi vera loqui pudor est vitaeque fateri
 tot mala perpessae taedia nata meae.
ergo cum tenuem fuero mutatus in umbram
 candidaque ossa super nigra favilla teget,   10
ante meum veniat longos incompta capillos
 et fleat ante meum maesta Neaera rogum.
sed veniat carae matris comitata dolore:
 maereat haec genero, maereat illa viro.
praefatae ante meos manes animamque recentem 15
 perfusaeque pias ante liquore manus,
pars quae sola mei superabit corporis, ossa
 incinctae nigra candida veste legant,
et primum annoso spargant collecta Lyaeo,
 mox etiam niveo fundere lacte parent,     20
post haec carbaseis umorem tollere velis
 atque in marmorea ponere sicca domo.
illuc, quas mittit dives Panchaia merces
 Eoique Arabes dives et Assyria,
et nostri memores lacrimae fundantur eodem:  25
 sic ego componi versus in ossa velim.
sed tristem mortis demonstret littera causam
 etque haec in celebri carmina fronte notet:
'Lygdamus hic situs est: dolor huic et cura Neaerae,
 coniugis ereptae, causa perire fuit.'      30


15 recentem Bach : rogatae Ω
19 spargant recc. : spargent Ω
21 velis recc. : ventis Ω
23 illuc recc. : illic Ω


最初に若者から愛しい女性を奪った者,そして,女性より愛しい
 若者を奪った者は,鉄のごとき者だ.
そして,妻を奪われて,これほどの悲しみを
 耐え,生きて行くことができる者も冷徹な者だ.
私はといえば,この点においては頑強ではない.私の心には
 この忍耐力はない.苦しみは強気心をもくじくのだ.
また,私にとっては,真実を語ること,すなわち,かくも多くの
 不幸を耐えた私の人生に,嫌気が生じたことを告白することは,恥ではない.
それゆえ,私が小さな影*1と変じて,
 白い骨の上を黒い灰が覆う時,
私の薪の前に,長い髪も梳らぬネアエラが来たらんことを,
 そして,私の薪の前で,悲しみにくれて泣かんことを.
だが,悲しむ愛しき母に付き添われて来たらんことを,
 母は婿を悲しみ,彼女は夫を悲しまんことを.
彼女らは,先ず,私の霊と新しき魂を宣告し,
 そして,先ず,信心深い手に水を注ぎ流し,
私の肉体のうち,唯一残るであろう部分である
 白い骨を,黒い服を纏って集めんことを.
そして,最初に,年月を経た葡萄酒を,集められた骨に振りかけ,
 すぐに,さらに白い牛乳で洗い,
この後に,亜麻の布で湿り気を取り,
 そうして乾いた骨を大理石の家*2へと置く準備をせんことを.
そこへ,裕福なパンカイア*3
 東方のアラビア人やアッシュリアが送る商品*4
そして,私を記憶している涙を,同じ所に注がんことを.
 このように,私は骨となって埋葬されたい.
だが,文字は死の悲しき原因を示し,
 さらにこの歌を,人繁く見る前面に記さんことを.
「リュグダムスはここに眠る.この者には,奪われた妻である
 ネアエラへの苦しみと愛情が,破滅する原因であった」


*1 死霊のこと.
*2 墓のこと.
*3 哲学者エウエーメロス(前340頃-前260頃)が著作で言及している,豊かで香料を豊富に産する架空の島.アラビアを越えた海にあるとされる.
*4 香のこと.



【2012/09/24 18:12】 [Tibullus] | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


リュグダムス(偽ティブッルス3巻)1歌 ネアエラへの贈り物

Martis Romani festae venere kalendae
 (exoriens nostris hic fuit annus avis),
et vaga nunc certa discurrunt undique pompa
 perque vias urbis munera perque domos.
dicite, Pierides, quonam donetur honore    5
 seu mea, seu fallor, cara Neaera tamen.

'carmine formosae, pretio capiuntur avarae:
 gaudeat, ut digna est, versibus illa meis.
lutea sed niveum involuat membrana libellum,
 pumex et canas tondeat ante comas,    10
summaque praetexat tenuis fastigia charta,
 indicet ut nomen littera rubra tuum,
ante inter geminas pingantur cornua frontes:
 sic etenim comptum mittere oportet opus.'
per vos, auctores huius mihi carminis, oro   15
 Castaliamque umbram Pieriosque lacus,
ite domum cultumque illi donate libellum,
 sicut erit: nullus defluat inde color.
illa mihi referat, sic nostri mutua cura,
 an minor, an toto pectore deciderim.    20
sed primum meritam larga donate salute,
 atque haec submisso dicite verba sono:
'haec tibi vir quondam, nunc frater, casta Neaera,
 mittit et accipias munera parva rogat,
teque suis iurat caram magis esse medullis,  25
 sive sibi coniunx sive futura soror.
sed potius coniunx: huius spem nominis illi
 auferat extincto pallida Ditis aqua.'


8 meis Ω : tuis Muretus : novis Postgate
12 rubra Némethy : facta Ω : picta Luineius

ローマのマールスの月の朔日*1がやって来た
 (われらが父祖にとっては,これが一年の始まりであった*2),
そして,今や彷徨う贈り物は,至る所,確かな行進とともに,
 都の路地と家々を通り過ぎて散り散りに馳せまわっている.
語りたまえ,ピーエリアの女神*3らよ,いかなる名誉が
 わがネアイラに与えられようかを
     ——もし私が間違っていても,それでも愛しいネアイラに.
「美しい女性は歌により,貪欲な女性は報酬により虜となる.
 私の詩行により,彼女をよろこばせよ,彼女はそれに相応しい故.
だが,黄色い羊皮の覆いで白い巻子を包むがよい,
 そして,軽石が白い髪を刈りこむように.
そして,巻物の頂点は細い見返し紙を覆って,
 朱の文字がお前の名を示すようにせよ,
そうして芯の外側は両側とも彩色されるように.
 なぜなら,作品はこのように梳られて送るのが当然であるから」
あなた方,カスタリア*4の蔭とピーエリアの湖*5にかけて,
 私は願います,私にとってこの歌の著し手である方々よ,
家に行き,彼女に飾られたその本を送りたまえ,
 あらんがままに(?).いかなる色もそこから流れ出ることなきよう.
彼女は私に報告するだろう,私への思慕が両想いであるか,
 それともより小さいか,それとも私は心の中から全く抜け落ちているかを.
しかし,先ず,それに値する彼女に,たっぷりと挨拶を贈り,
 そうしてこの言葉を,声をひそめて語りたまえ.
「この歌を,かつては夫であり,今は兄弟*6である者が,純潔なネアエラよ,
 送ったのだ.そして,お前がその小さな贈り物を受け取るよう望んだのだ.
そして彼は,お前が骨の髄よりももっと愛しいと誓っている.
 お前が自分にとって妻となろうとも,姉妹*6となろうとも.
だが,できれば妻であってほしい.この名の望みを彼から
 奪い取るのは,死した後の青ざめた冥界の水であろう.


*1 3月1日のこと.この日はマートロナーリア祭が祝われ,女性に贈り物が贈られた.
*2 本来のローマの暦では,マールス神の月である3月が歳のはじめであった.
*3 学芸の女神ムーサたちのこと.ピーエリア地方(地図Db)に住んでいるとされる.
*4 デルポイのパルナッソス山(地図Dd)の麓にある泉.アポッローンと関係づけられる.
*5 ムーサの住む山とされるヘリコーン山(地図Dd)にある泉,ヒッポクレーネーとアガニッペーの泉のこと.
*6 恋愛・愛人関係を指す.



【2012/09/22 14:52】 [Tibullus] | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。