FC2ブログ
ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC BMCR 日本西洋古典学会

ケンブリッジ・ギリシア語文法ペーパーバック版
『ケンブリッジ・ギリシア語文法』ですが,今月発売のようです.ペーパーバック版も5000円程度で入手出来るようです.アマゾンでも予約できます.

Evert van Emde Boas, Albert Rijksbason, Luuk Huitink, Mathieu de Bakker. The Cambridge Grammar of Classical Greek. Cambridge: Cambridge University Press, 2019.3.21 (forthcoming).



スポンサーサイト




【2019/03/05 13:31】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


お久しぶりです

 ちょっとこのブログの記事を自分で使用する必要があって,広告を消すために記事投稿に来ました.

 ついでにサイトの紹介でも.英語の語源辞典です.

  Online Etymology Dictionary <https://www.etymonline.com/

 個人で作っているサイトのようで,その旨注意されたいとのことですが,とりあえず語源探索の出発点として悪くないと思います.ギリシア語・ラテン語の語源にまで到達してからはそちらの語源辞典を参照して確認すべきでしょうが,こちらは Brill で出ている最新の語源辞典などを参照しているようです.

 あと11月9日まで GYAO! で 映画『ポンペイ』無料で見ることができます.




【2018/11/05 20:42】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


Neo-Latin Lexicon

 猛暑で死にかけてましたが皆様だいじょうぶでしょうか.

 現代でアクティブにラテン語を書きたい人には力強い味方になるかもしれないネット版『現代ラテン語辞典』が発足していました.ギリシア語版(おそらく『現代古典ギリシア語辞典』ということになるのでしょうか)も登場するもようです.

Neo-Latin Lexicon: The Morgan-Owens Lexicon of Neo-Latin and Contemporary Latin Usage. Written and compiled by David Morgan and Patrick M. Owens, and digitally developed by the Paideia Institute for Humanistic Study, Inc. <http://neolatinlexicon.org/> (ネット上の書誌の書き方もう忘れた……)

 英羅辞典なので,検索には英語を使うようです.とりあえず "haiku" を引くと

09 poem genre: haiku epigramma Iaponicum, carmen heptadecasyllabum* (the compound *heptadecastichum* means "of seventeen syllables."

とでていました.どう使ったらいいか微妙にわかりませんが,多分 heri complura scripsi epigrammata Iaponica quae carmina heptadecasyllaba nostra lingua haikua appellantur とかいう具合に書けということでしょうか(この文章の文法正誤は自信ありません……).

 この辞書内で使われる略号と出典などは Adumbratio <http://neolatinlexicon.org/adumbratio> のところに書いてあるようです.




【2018/08/05 17:50】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


北村 紗衣『シェイクスピア劇を楽しんだ女性たち』読了

北村 紗衣『シェイクスピア劇を楽しんだ女性たち:近世の観劇と読書』東京:白水社,2018.


シェイクスピア劇を楽しんだ女性たち:近世の観劇と読書
北村 紗衣
白水社
売り上げランキング: 228,106


 連休でなんとか読了しました.
 僕自身は特にシェイクスピアについて一般人以上に詳しいわけでもなく,それどころか英文学史などもそんなに知らないので,この本を真っ当に批評できる立場では全然ないのですが,とりあえず感想文ぐらいを書いておこうと思います.



[READ MORE...]
【2018/05/11 20:13】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


『ケンブリッジ古典ギリシア語文法』

 喉から手が出るほど欲しいのですが,残念ながら購入するにはゼロがひとつほど多いようです.

The Cambridge Grammar of Classical Greek
Evert van Emde Boas Albert Rijksbaron Luuk Huitink Mathieu de Bakker
Cambridge University Press
売り上げランキング: 7,101


 これもですね……

The Oxford Latin Syntax: The Simple Clause
Harm Pinkster
Oxford Univ Pr
売り上げランキング: 298,183


 どうせ大した本じゃないと自分に言い聞かせています(そんなわけはない).



【2018/05/02 16:03】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


北村 紗衣『シェイクスピア劇を楽しんだ女性たち』購入

 本屋さんに並んでいたので即購入しました.

シェイクスピア劇を楽しんだ女性たち:近世の観劇と読書
北村 紗衣
白水社
売り上げランキング: 107,802


 喫茶店で最初の数ページ読んだのですが,将棋で言えば見たこともない攻撃的陣形に着々と駒を並べているような感じで,恐ろしくなって一旦本を閉じて家に帰ってきてしまいました.ブログやtwitterで鋭い切れ味の文体には慣れていたつもりですが,それが本の形になるとこうなるのですね.ブログのタイトル LUPA SAEVA を久しぶりに思い出しました.連休中になんとか読み切って感想らしいものを書けたらいいと思います.直感で間違っていなければ,文学研究の新時代はこの一冊から始まるのかもしれないですね.それにしても,こんなすごい人に僕の下手くそな間違いだらけのブログを読まれていたかと思うと申し訳ない限りです.



【2018/05/01 01:22】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


『うたえ! エーリンナ』出版間近,北村 紗衣『シェイクスピア劇を楽しんだ女性たち』既刊

 佐藤二葉さんの『うたえ! エーリンナ』<http://sai-zen-sen.jp/comics/twi4/erinna/>がいよいよ出版されるようです.佐藤二葉さんは現在ギリシアに演奏活動などで滞在中のようです.

うたえ! エーリンナ (星海社COMICS)
佐藤 二葉
講談社
売り上げランキング: 891



 佐藤二葉さんもすごいのですが,この星海社という出版社のネット四コマ漫画企画『ツイ4』<http://sai-zen-sen.jp/comics/twi4/>では,無料の4コマ漫画が読み放題となっていて,『うたえ! エーリンナ』以外にも有料漫画雑誌並みの読み応えのある漫画がいくつもあります.空き時間にちょっと読んでみようと思って読み始めたら数百回もの4コマの連載を1時間以上かけて読む羽目になるので,注意しなければいけません.


 それとさえぼーさんこと北村 紗衣さんのシェイクスピアの著作も出版されています.こちらは購入していずれ何か感想文でも書いてみようと思います.

北村 紗衣『シェイクスピア劇を楽しんだ女性たち:近世の観劇と読書』東京:白水社,2018年.


シェイクスピア劇を楽しんだ女性たち:近世の観劇と読書




【2018/03/25 23:59】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


若手教員養成のための授業実践セミナー

ツィートの引用の練習も兼ねて.

@SendaiHisCafe. "古代世界研究会では、2018年9月16日(日)に開催予定の西洋古代史サマーセミナーで、「若手教員養成のための授業実践セミナー」(仮題)を開きます..." Twitter, 2018年3月15日6:28., twitter.com/SendaiHisCafe/status/974276231221755905.




 しかしどう考えても昔の先生方よりは今の方々のほうがずっと(以下略)


【2018/03/16 23:57】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


古代ローマのトポグラフィー事典

 間違いなくすべての西洋古典学の図書館に置かれるべき本でしょう.BMCRの書評によると,「600ページの本文, 400の素晴らしい地図とイラスト,見取り図にリコンストラクション」で成り立っている,古代ローマ世界のトポグラフィーの総合的労作だそうです.

Andrea Carandini, Paolo Carafa (ed.). The Atlas of Ancient Rome: Biography and Portraits of the City. 2 vols. Translated by Andrew Campbell Halavais. Princeton; Oxford: Princeton University Press, 2017. (BMCRによる書評)

 1280ページもの大著が200ドル,2万数千円で買えるとなると,個人でも買っておいておかしくない本かもしれませんね.現時点では書籍の形ですが,最終的にはネット上で閲覧できるようになるようです.これの原著となった2012年のイタリア語版も150ユーロですから,似たような価格になると思います.ただ,上の翻訳版(2017年)には,アップデートがすでに取り込まれているとのこと.イタリア語版を買うとしたら改訂版が出てからのほうがいいかもしれません.

A. Carandini (Curatore). Atlante di Roma antica. Milano: Mondadori Electa, 2012.



【2018/03/15 23:02】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


改竄確定

 いよいよ財務省自身が改竄確定宣言を出してしまいました.さすがに仲間内の一人の命の重みを無視できるほど財務省も非人間的ではなかったというところでしょうか.
 しかしまだまだ恐ろしいシナリオはないわけではありません.一番怖いのは,結局改竄したことが,政府も認めて誰の目にも明らかになった上で,それでも何事もなかったかのように元どおりにおさまってしまうことですが,いまの日本だとそうなる可能性が高いような気がしています.


【2018/03/14 21:20】 COMMENTARII DIURNI | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2019年03月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年05月 (3)
  • 2018年03月 (20)
  • 2018年02月 (25)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)