ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | 記事修正

TOPへ


セネカ『ルーキーリウス宛道徳書簡集』第1書簡5節(完結)

5. Quid ergo est? non puto pauperem, cui quantulumeumque superest, sat est. tu tamen malo serves tua, et bono tempore incipies. nam, ut visum est maioribus nostris, sera parsimonia in fundo est. non est tantum minimum in imo, sed pessimum remanet. Vale.

それではそれはどういうことか?私は,如何に僅かなものしか残っていなくても,それで十分である人は,困窮しているとは思わないのだ.しかしながら,君のほうは,君の持っているものを保持するよう,そして,良い頃合いに始めることを,私は望む.なぜなら,我々の祖先の考えたとおり,底をついた時には節約は遅すぎるのである.なぜならば,底の方にはただ最少のものだけではなく,最低のものが残っているのだから.さらば.

スポンサーサイト

【2008/09/24 18:43】 Seneca Epistulae Morales | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


セネカ『ルーキーリウス宛道徳書簡集』第1書簡4節

4. Interrogabis fortasse, quid ego faciam, qui tibi ista praecipio. fatebor ingenue: quod apud luxuriosum sed diligentem evenit, ratio mihi constat impensae. non possum me dicere nihil perdere, sed quid perdam et quare et quemadmodum, dicam; causas paupertatis meae reddam, sed <id> evenit mihi, quod plerisque non suo vitio ad inopiam redactis: omnes ignoscunt, nemo succurrit.

id supplevi

ひょっとして君は問うかもしれない,君にこのような事々を指南する私は何をしているのか,と.正直に私は言おう.豊かであって,しかししっかりやっている者の場合ではそうであるように,私の支出のやりくりは安定したものである.私は無駄にはしていないとは決して言うことはできないが,しかし何を,なぜ,どんな具合に無駄にしたかを,言うとしよう.私は私の困窮の原因を言おう.しかし,私に起こっていることは,自分の過誤によらずして困窮に陥った大抵の人に起こったのと同じことである.全ての人がそれを大目に見るだろうが,誰も助力することはできないのである.

*ここではセネカは時間の使い方を経済的収支に喩えている.


【2008/09/24 18:39】 Seneca Epistulae Morales | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


セネカ『ルーキーリウス宛道徳書簡集』第1書簡3節

3. Omnia, Lucili, aliena sunt, tempus tantum nostrum est. in huius rei unius fugacis ac lubricae possessionem natura nos misit, ex qua expellit quicumque vult. et tanta stultitia mortalium est, ut, quae minima et vilissima sunt, certe reparabilia, imputari sibi, cum impetravere, patiantur; nemo se iudicet quicquam debere, qui tempus accepit, cum interim hoc unum est, quod ne gratus quidem potest reddere.

全てのものは,ルーキーリウス君,我々以外のものである.ただ時間だけが我々のものなのだ.自然は我々に,このただ一つにして,逃げやすく捉えがたいものの所有を任せているのだが,だれでもそう望むものは,その所有から我々を追い出しうるのである.そして,死すべき者の愚かさたるや,最もちっぽけで安っぽいもの,確かに置き換えうるものを獲得した後に,自分の利益として数えることを甘受してしまうほどである.誰も,時間を受け取っておきながら,自分がそれを借りていると思っていないかもしれないが,しかしながら,これは決して只で返す事はできない,唯一のものである.


【2008/09/23 18:31】 Seneca Epistulae Morales | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


セネカ『ルーキーリウス宛道徳書簡集』第1書簡2節

2. Quem mihi dabis, qui aliquod pretium tempori ponat, qui diem aestimet, qui intellegat se cotidie mori? in hoc enim fallimur, quod mortem prospicimus; magna pars eius iam praeterit. quicquid aetatis retro est, mors tenet. fac ergo, quod facere te scribis, omnes horas complectere. sic fiet, ut minus ex crastino pendeas, si hodierno manum inieceris. dum differtur, vita transcurrit.

2. 君はあげられるだろうか,時間に何らかの価値を置くような人を,日の価値を分かる人を,自分が毎日死んでいるということを理解するような人を?というのも,我々が死を待っているという点において,我々は間違っているのだ,死の多くの部分は,既に過ぎてしまっているのだ.過ぎ去った人生はなんであれ,死がとらえているのだ.それゆえ,君が手紙で,自分がしていると書いている事を,君はしたまえ.全ての時間を大切に保つがよい.そうして,今日の日をつかめば,君は明日の日により依存しないですむこととなろう.遅らせているうちに,人生は通り過ぎているのだ.



【2008/09/23 14:18】 Seneca Epistulae Morales | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


セネカ『ルーキーリウス宛道徳書簡集』第1書簡1節

SENECA LVCILIO SUO SALVTEM
1. Ita fac, mi Lucili; vindica te tibi, et tempus, quod adhuc aut auferebatur aut subripiebatur aut excidebat, collige et serva. persuade tibi hoc sic esse, ut scribo: quaedam tempora eripiuntur nobis, quaedam subducuntur, quaedam effluunt. turpissima tamen est iactura, quae per neglegentiam fit. et si volueris attendere, maxima pars vitae elabitur male agentibus, magna nihil agentibus, tota vita aliud agentibus.

セネカより友ルーキーリウスへの挨拶
1. このようにしたまえ,わがルーキーリウス君.君のために,君は自らを解放したまえ,そして,今まであからさまに奪われて来たり,かすめ取られて来たり,滑り落ちて来たところの時間を集めて,貯めておくがよい.私が書くとおり,このことを納得したまえ.ある時間は我々から奪われるものだし,ある時間は知らずに取られるものだし,ある時間は流失するものだ.しかしながら,みっともない損失は,不注意によって生じたそれである.たとえ君が注意を払うことを欲したとしても,拙く事を行えば人生の最大の部分が滑り落ちてしまうだろうし,無為にしていれば多くの部分が,あさってのことをしていれば人生全てが滑り落ちてしまうことになろう.


【2008/09/22 05:43】 Seneca Epistulae Morales | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。