ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | 記事修正

TOPへ


キケロー『卜占について』第1巻15

IX 15 1 vidimus haec signa numquam fere mentientia nec tamen, cur ita fiat, videmus.

  vos quoque signa videtis, aquai dulcis alumnae,
  cum clamore paratis inanis fundere voces
  absurdoque sono fontis et stagna cietis.
  (Arat. 946-47)

2 vis et natura quaedam significans aliquid per se ipsa satis certa, cognitioni autem hominum obscurior.

  mollipedesque boves spectantes lumina caeli
  naribus umiferum duxere et aëre sucum.
  (Arat. 954-55)

3 non quaero cur, quoniam, quid eveniat, intellego.

  iam vero semper viridis semperque gravata
  lentiscus triplici solita grandescere fetu
  ter fruges fundens tria tempora monstrat arandi.
  (Arat. 1051-56)

IX 15 1 我々は,これらの徴がほぼ決して裏切ることがないのを知っていますが,しかしながら,なぜそのようになるのか,我々は知りません.

  君達もまた徴を見ることができる,甘き水の養い児らよ,
  叫び声とともに,口より空しく声を注ぐ用意をし,
  意味のない音で泉と沼とをかき乱す時.
  (アラートス 946-47)

2 何らかの自然の力が,何かを予兆するのは,それ自体十分確実なことであるが,一方人間の知覚にはあまりはっきりはわからない.

  柔らかな足もつ牛どもは,天の光を見ながら,
  鼻で大気から湿り気もたらす露を吸う.
  (アラートス 954-55)

3 私はなぜかは問いません,なぜなら,何が起こるのかは,わかるからです.

  しかし今や,常に青々して,また常に実を持ち,
  (年に)三度実りをはらむのが常で
  三度実りをもたらす乳香*1は,三度の耕作の時期を示す.
  (アラートス 1051-56)


*1 ウルシ科の木.樹脂は薬用などに用いられる.日本でもアロマセラフィーなどで用いられているようです.
  ウィキペディアによる解説は:http://en.wikipedia.org/wiki/Pistacia_lentiscus
  写真は:http://commons.wikimedia.org/wiki/Pistacia_lentiscus

スポンサーサイト

【2008/06/21 19:48】 Cicero De divinatione | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


キケロー『卜占について』第1巻14

14 illa vero cur eveniant, quis probabiliter dixerit?

  cana fulix itidem fugiens e gurgite ponti
  nuntiat horribilis clamans instare procellas
  haud modicos tremulo fundens e gutture cantus.
  saepe etiam pertriste canit de pectore carmen
  et matutinis acredula vocibus instat,
  vocibus instat et adsiduas iacit ore querellas,
  cum primum gelidos rores aurora remittit.
  fuscaque non numquam cursans per litora cornix
  demersit caput et fluctum cervice recepit.
  (Arat.913-5, 948-50)

14 実際,それらがなぜ起こるのか,誰がもっともらしく言うことができましょうか?

  白鷺が海の渦より逃げながら
  叫ぶ時,恐ろしい嵐が迫っているのを告げている.
  その時それは尋常ならぬ歌声を震えるのどより注ぐのだ.
  しばしばきわめて悲しげな歌をアクレードゥラ*1は胸から歌い,
  そして朝早くに声を繰り返しに
  繰り返して,そうして絶え間なく口より鳴き声をあげるのは,
  冷たい露を曙が送る直後だ.
  また(その時)しばしば鴉は岸辺中を飛び回り,
  頭を水に沈めては流れを首に受ける.
  (アラートス 913-5, 948-50)


*1 アラートスではὀλολυγών.いずれにせよ不詳.蛙または鳥の一種か?


【2008/06/19 01:40】 Cicero De divinatione | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


キケロー『卜占について』第1巻13

13 1 (Quintus:) "mirari licet, quae sint animadversa a medicis herbarum genera, quae radicum ad morsus bestiarum, ad oculorum morbos, ad vulnera, quorum vim atque naturam ratio numquam explicavit, utilitate et ars est et inventor probatus. 2 age ea, quae, quamquam ex alio genere sunt, tamen divinationi sunt similiora, videamus:

  atque etiam ventos praemonstrat saepe futuros
  inflatum mare, cum subito penitusque tumescit,
  saxaque cana salis niveo spumata liquore
  tristificas certant Neptuno reddere voces,
  aut densus stridor cum celso e vertice montis
  ortus adaugescit scopulorum saepe repulsus.
  (Arat.909-12)

VIII. 3 atque his rerum praesensionibus Prognostica tua referta sunt. quis igitur elicere causas praesensionum potest? 4 etsi video Boëthum Stoicum esse conatum, qui hactenus aliquid egit, ut earum rationem rerum explicaret, quae in mari caelove fierent.

13 1 (クィーントゥスの発言の続き)「如何なる種類の薬草と,獣の咬み傷,眼病,怪我に効く根茎の種類が,医師らによって認められているのかと,驚かれるかもしれませんが,それらの効力と性質は理論的に説明できずに,有効性によってその用法ならびにその発見者が正しいとされてきたのです.2 さて,別の種類ではあるものの,しかし卜占により近い物を,我々は見てゆきましょう.

  その上,風が起こるであろうことを,しばしば
  膨れ上がった海が予告する.それは,海が一瞬で奥深くまで膨れ上がり,
  雪のような塩の澱によって岩が白く泡立って
  競い合って海原に恐ろしい声を轟き返し,
  あるいは止むことなく繰り返し鋭い音が険しい山の頂きより
  起こってはなお大きくなり,岩々の囲いに打ち返される時のこと.
  (アラートス 909-12)

VIII. 3 そうして,これらの物事の予知で,あなたの『予兆』は満たされているのです.したがって,誰が予知の原因を導きだすことができるでしょうか.4 私の知るところでは,ストア派のボエートス*1が試みて,そして海と天とで起こるような物事の理論を説明する程度には,それなりの成果を得ているのではありますが.


*1 シドーン出身で,パナエティオスと同時代のストア派.天文に関心を寄せたとされる.


【2008/06/09 19:13】 Cicero De divinatione | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


キケロー『卜占について』第1巻12

12 1 (Quintus:)"Quae est autem gens aut quae civitas, quae non aut extispicum aut monstra aut fulgora interpretantium aut augurum aut astrologorum aut sortium (ea enim fere artis sunt) aut somniorum aut vaticinationum (haec enim duo natularia putantur) praedictione moveatur? 2 Quarum quidem rerum eventa magis arbitror quam causas quaeri oportere. 3 est enim vis et natura quaedam, quae tum observatis longo tempore significationibus, tum aliquo instinctu inflatuque divino futura praenuntiat. VII. 4 Quare omittat urguere Carneades, quod faciebat etiam Panaetius, requirens, Iuppiterne cornicem a laeva, corvum ab dextra canere iussisset. 5 Observata sunt haec tempore inmenso et in significatione eventus animadversa et notata. 6 nihil est autem, quod non longinquitas temporum excipiente memoria prodendisque monumentis efficere atque adsequi possit."

12 1 (クィーントゥスの発言の続き)「ところで,どの民族あるいは国家が,内臓占いや,あるいは予兆または雷光解釈者や,鳥占者や占星術師や籤(これらはすなわちほとんど技術に属するものです),あるいは夢や預言(これら二つは本性に属するものです)による予知によって動かされないものがあるでしょうか.2 まさにそれらの成果のほうを,それらの原因よりももっと探求するのが当然だと私は思うのです.3 というのも,時には長い期間徴候を観察することにより,時には何らかの衝動と神的な息吹により,未来を予告するような,本性的な何らかの力が存在するのですから.VII. 4 そういうわけですから,鴉は左側から,大鴉は右側から啼くよう命じたのはユッピテルなのか,ということをカルネアデース*1が尋ねて問いつめるのは止めさせましょう.それはパナエティウスがしていたことでもありますが*25 これらのことは,とてつもなく長い期間観察されて来たことであり,その結果の重要性に応じて認められ,記されてきたことなのです.6 一方,長い時間,記録がなされて,その文書記録が引き継がれることにより,成し遂げられ,可能とされないようなことは,何もないのです」


*1 前213-129年.キュレーネー出身で,新アカデメイア学派に属する懐疑主義者で,精力的に論戦をした.詳しくはロング『ヘレニズム哲学』pp.142-62参照.
*2 前185頃-109年.ロドス出身で,2世紀ストア派の長.予兆を重要視するストア派にもかかわらず,占星術の否定に傾いていたとされる.ロング『ヘレニズム哲学』pp.320-21参照.


【2008/06/06 21:49】 Cicero De divinatione | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


キケロー『卜占について』第1巻11

11 1 "ego vero", inquam, "philosophiae, Quinte, semper vaco; 2 hoc autem tempore, cum sit nihil aliud, quod lubenter agere possim, multo magis aveo audire, de divinatione quid sentias." 3 "nihil", inquit, "equidem novi, nec quod praeter ceteros ipse sentiam; 4 nam cum antiquissimam sententiam, tum omnium populorum et gentium consensu comprobatam sequor. 5 duo sunt enim divinandi genera, quorum alterum artis est, alterum naturae."

11 1 「私のほうは実際」と私は言った.「哲学にためには,クィーントゥスよ,いつも時間があるのだ.2 だが,喜びを持ってすることができるようなことが何もないこの頃は,ますますもっと,君が卜占についてどんな見解を持っているのか,聞いてみたいものだね」3 「何も」と彼は言った.「私としては新しいこともありませんし,他の人々が考えていないことで私自身が考えていることもありません.4 というのも,私は最も古くから伝わる見解で,かつ全ての国家・民族の一致して認めるところの見解に従っているからです.5 すなわち,卜占の種類は二つあり,片方は技術に属するもので,片方は本性に属するものです」


【2008/06/06 00:07】 Cicero De divinatione | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


キケロー『卜占について』第1巻10

VI. 10 1 "arcem tu quidem Stoicorum", inquam, "Quinte, defendis, siquidem ista sic reciprocantur, ut et, si divinatio sit, di sint, et, si di sint, sit divinatio. 2 quorum neutrum tam facile, quam tu arbitraris, conceditur. 3 nam et natura significari futura sine deo possunt, et, ut sint di, potest fieri, ut nulla ab iis divinatio generi humano tributa sit." 4 atque ille "mihi vero", inquit, "satis est argumenti et esse deos et eos consulere rebus humanis, quod esse clara et perspicua divinationis genera iudico. 5 de quibus quid ipse sentiam, si placet, exponam, ita tamen si vacas animo neque habes aliquid, quod huic sermoni praevertendum putes."

VI. 10 1 「君ときたら,ストア派の牙城を」私は言った「クィーントゥスよ,弁護していることになるのだよ,なぜなら君の言はこのように循環するのだからね.すなわち,もし卜占がありうるなら,神々は存在しうるし,もし神々が存在しうるなら,卜占はありうる,というぐあいにね.2 だがそれらのどちらも,君が考えているようには容易には認められないのだ.3 なぜなら,未来は神なしにも自然によって示されうるし,そして,神々がいるにしても,彼らによって人類には何らの卜占も与えられてはこなかった,ということもあり得るからだ」4 すると彼は言った.「私には実際,神々が存在し,彼らが人間の諸事を気にかけているということの,十分な論拠だと思えるのですよ,私が判断するところ,自明きわまりない類の卜占が存在するということが.5 それらについて,何を私自身が考えているのか,もしお望みなら,説明しましょう,しかしながら,もしあなたが気持ちに余裕があって,この談話の妨げになると思うようなことが何かおありでなければですが」


【2008/06/04 22:35】 Cicero De divinatione | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


キケロー『卜占について』第1巻9

9 1 eius orationi non sane desidero quid respondeam; 2 satis enim defensa religio est in secundo libro a Lucilio, cuius disputatio tibi ipsi, ut in extremo tertio scribis, ad veritatem est visa propensior. 3 sed, quod praetermissum est in illis libris (credo, quia commodius arbitratus es separatim id quaeri deque eo disseri), id est de divinatione, quae est earum rerum, quae fortuitae putantur, praedictio atque praesensio, id, si placet, videamus, quam habeat vim et quale sit. 4 ego enim sic existimo, si sint ea genera divinandi vera, de quibus accepimus quaeque colimus, esse deos, vicissimque, si di sint, esse, qui divinent.


(クィーントゥスの言葉の続き)「1 彼(コッタ)の言論に,私が何を答えたらいいのかと,特には困ることもありません.2 というのも,宗教は,その第2巻の中で,ルーキーリウスによって十分に弁護されており,そして,彼の論議は,あなた自身も,その第3巻の最後で書いているように,真実により近いものに思われるものなのですから.3 しかし,問題の本の中で,看過されているのは(私見では,それはあなたが別個にそれが探求されまたそれについて論じられるほうが相応しいと思われたからだと思いますが),卜占についてのことです.それは,偶然に起こると思われていることを予言し予知することですが,もしよろしければ,それがどんな力をもち,どのようなものであるかを,我々で検討してみませんか.4 というのも,私としては,このように考えているのです.我々が受け入れてきているところの,そして行使しているところの卜占の類がもし存在するのなら,神々は存在し,反対に,もし神々が存在するのなら,卜占をする人間も存在する,と」


【2008/06/03 23:27】 Cicero De divinatione | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


キケロー『卜占について』第1巻8

8 Quibus de rebus et alias saepe et paulo accuratius nuper, cum essem cum Q. fratre in Tusculano, disputatum est. Nam cum ambulandi causa in Lyceum venissemus (id enim superiori gymnasio nomen est), "Perlegi," [ille] inquit, "tuum paulo ante tertium de natura deorum, in quo disputatio Cottae quamquam labefactavit sententiam meam, non funditus tamen sustulit." "Optime vero," inquam; "etenim ipse Cotta sic disputat, ut Stoicorum magis argumenta confutet, quam hominum deleat religionem." Tum Quintus: "Dicitur quidem istuc," inquit, "a Cotta, et vero saepius, credo, ne communia iura migrare videatur; sed studio contra Stoicos disserendi deos mihi videtur funditus tollere.

8 これらの事について,他の時に何度も論じたが,また最近,私が弟クィントスと一緒にトゥスクルムにいた折,もう少しより厳密に論じたことがあった.それはこのような次第だ.我々が散歩しにリュケイオン(というのも,これが上級学校の名前である*1)に行った時に,彼は言った.「私は少し前に,あなたの『神々の性質について』の第3巻を読み終えました.その中でのコッタの論議は私の見解を揺るがすものではありましたが,しかしながら根底から覆すには至りませんでした」「だがそれは極めてうまくいっているのだ」私は言った,「というのも,コッタ自身は,人々の信仰を消し去るためというよりは,むしろストア派の論拠を批判するために論じているのだから」するとクィントゥスは言った.「あなたのその言葉は,コッタによっても,それも実際何度も語られていますが,それは私が思うに,公共の法を否定するように見られないためにとのことだと思います.しかし,ストア派に反対して論じる熱意のあまり,彼は神々を根底から否定しているように私には思えるのです.



*1 もちろん,アリストテレースがいたところの本物のリュケイオンでなく,自分の学校の,ということ.逍遥学派を意識した柱廊状の庭があって,そのためそこに散歩に出かけた.


【2007/05/26 11:10】 Cicero De divinatione | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) | 記事修正

TOPへ


キケロー『卜占について』第1巻7

7 Sed haec quidem laus Academiae praestantissumi philosophi iudicio et testimonio comprobata est. IV Etenim nobismet ipsis quaerentibus, quid sit de divinatione iudicandum, quod a Carneade multa acute et copiose contra Stoicos disputata sint, verentibusque, ne temere vel falsae rei vel non satis cognitae adsentiamur, faciendum videtur, ut diligenter etiam atque etiam argumenta cum argumentis comparemus, ut fecimus in iis tribus libris, quos de natura deorum scripsimus. Nam cum omnibus in rebus temeritas in adsentiendo errorque turpis est, tum in eo loco maxime, in quo iudicandum est, quantum auspiciis rebusque divinis religionique tribuamus; est enim periculum, ne aut neglectis iis impia fraude aut susceptis anili superstitione obligemur.

7 しかし,アカデメイア学派のこの賞賛に価する特質*1は,極めて優れた哲学者による判断と証言によって*2是認された.IV なんとなれば,我々は,どのように卜占について判断すべきかを探求し ? それはカルネアデース*3によって,鋭く,そしてふんだんに,沢山の論議がストア派に対してなされているからであるが ? 軽々しく間違った事や,充分に認識されていないことに同意しないように危惧するのであるが,その際には,我々は,真剣に,何度も何度も論点と論点とを比較すべきであると思われる,それは,ちょうど我々が,神々の性質について著した3巻本においてしたようにであるが.なぜなら,あらゆる事柄において,軽々しく同意することも,過ちも,恥ずかしいことであるが,どの程度我々が卜占と神的な事柄と宗教を評価すべきかを判断する必要がある場合には,もっともそうなのである.というのも,それらを軽視すれば,我々は不敬な欺瞞のそしりを,あるいは,それらを信じれば,老婆のごとき迷信のそしりを被る危険があるからである.


*1 懐疑主義的な立場.
*2 すなわち,ストア派の教義に逆らって,パナイティオスが卜占に疑問を抱くということによって.
*3 前213-129頃.カッリマコスと同じく,キュレーネー(現リビア内)の出身.アテネで新アカデメイアを開く.


【2007/03/11 18:16】 Cicero De divinatione | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


キケロー『卜占について』第1巻6

6 sed cum Stoici omnia fere illa defenderent, quod et Zeno in suis commentariis quasi semina quaedam sparsisset et ea Cleanthes paulo uberiora fecisset, accessit acerrumo vir ingenio, Chrysippus, qui totam de divinatione duobus libris explicavit sententiam, uno praeterea de oraclis, uno de somniis; quem subsequens unum librum Babylonius Diogenes edidit, eius auditor, duo Antipater, quinque noster Posidonius. Sed a Stoicis vel princeps eius disciplinae, Posidoni doctor, discipulus Antipatri, degeneravit Panaetius, nec tamen ausus est negare vim esse divinandi, sed dubitare se dixit. Quod illi in aliqua re invitissumis Stoicis Stoico facere licuit, id nos ut in reliquis rebus faciamus, a Stoicis non concedetur? praesertim cum id, de quo Panaetio non liquet, reliquis eiusdem disciplinae solis luce videatur clarius.

6 だが,ストア派哲学者らが,殆ど全てのそれ(卜占の種類)を擁護した ? というのも,ゼーノーン*1が,彼の著作に,あたかもある種の種子のように,それらをばらまき,そして,それらをクレアンテース*2がもう少し肉付けしたためだが ? 後に,極めて鋭敏な才能の人物,クリュシッポス*3が加わり,彼は2巻の本によって全ての卜占についての見解を解き明かした.その一冊は,とりわけ卜占について,一冊は夢について書かれている.彼に続いて,彼の弟子であるバビロニアのディオゲネース*4は,1冊の本を著し,アンティパテル*5は2冊,わがポセイドーニオス*6は4冊の本を著している.だが,ストア派出身で,その教義の主唱者ですらある,ポセイドーニオスの師であり,アンティパテルの弟子であるパナイティオス*7はその教義から離れたが,しかしながら卜占の力を敢えて否定せず,自分はそれに懐疑的であると言っている.ある事では,ストア派哲学者らの反対にもかかわらず,ストア派である彼がすることが許された事を,我々が他の事でそれをする事を,ストア派学者らによって認められないだろうか,とりわけ,パナイティオスには明らかではないその事が,同じ教義に属する他の学者らには,日を見るよりも明らかであると思われているのだから*8


*1 ストア派の創始者.前362頃-264頃.
*2 前300頃-220頃.ゼーノーンの弟子.
*3 前291頃-208頃.ストア派の重要な哲学者.
*4 ゼーノーンの後継者.アテネでのストア派のリーダー.
*5 前2世紀半ばに活躍.バビロニアのディオゲネースの後継者.
*6 前135頃-51頃.キケローはロドス島で彼に前78年に会っている.
*7 前180頃-129以降.
*8 構文が日本語になりにくいが,要するにストア派全員が疑問にも思わないことを,パナイティオスは,ストア派らの反対にもかかわらず,あえて疑問視することが許されたのだから,ストア派ではない我々は当然,同じ事を他の事についてすること(つまり,ストア派が主張している他の事についても疑問視する事)が許されるはずだ,ということ.illi ... Stioco=Panaetio.Quod illi ... licuitは,idを修飾する関係文.id nos ut ... faciamusは,concedetur の主語として機能する目的文.


【2007/03/09 03:43】 Cicero De divinatione | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。