ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第61歌209(216)-228(235)行[完結]

Torquatus volo parvulus
matris e gremio suae   210
porrigens teneras manus
dulce rideat ad patrem
 semihiante labello.   (220)

sit suo similis patri
Manlio et facile insciis   215
noscitetur ab omnibus,
et pudicitiam suae
 matris indicet ore.   (225)

talis illius a bona
matre laus genus approbet, 220
qualis unica ab optima
matre Telemacho manet
 fama Penelopeo.    (230)

claudite ostia, virgines:
lusimus satis. at boni   225
coniuges, bene vivite et
munere assiduo valentem
 exercete iuventam.  (235)

?????FINIS??????

私は望む,小さな小さなトルクヮートゥスが
自分の母親の懐から
柔らかい手を伸ばして
唇を半分あけて父親に
 可愛らしく笑いかけんことを.

その子が自分の父親
マンリウスに似ているように,そして
知らない者が見ても容易にそれが分るように,
そしてその母の貞節を
 顔にて示さん事を.

彼の名声が,善き母より
生まれし子たる事を証明せんことを,
最上の母より生まれた類い稀なる
名声がペーネロペーの子
 テーレマコスにあるが如く.

門を閉じよ,乙女らよ.
我らは充分戯れたり.だが
善き夫婦よ,善く生きよ,そして
常なる夫婦の義務のために,健やかな
 若さを振るえ.

スポンサーサイト

【2006/10/24 19:46】 Catullus 61 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第61歌189(196)-208(215)行

at, marite, ita me iuvent
caelites, nihilo minus   190
pulcer es, neque te Venus
neglegit. sed abit dies:
 perge, ne remorare.   (200)

non diu remoratus es:
iam venis. bona te Venus  195
iuverit, quoniam palam
quod cupis cupis, et bonum
 non abscondis amorem. (205)

ille pulveris Africi
siderumque micantium   200
subducat numerum prius,
qui vestri numerare volt
 multa milia ludi.     (210)

ludite, ut lubet, et brevi
liberos date. non decet   205
tam vetus sine liberis
nomen esse, sed indidem
 semper ingenerari.    (215)

だが,花婿よ,--神々が
汝を助けんことを--劣らず
汝は麗し,そしてウェヌスも汝を
蔑ろにせず.だが,日は過ぎて行く.
 さあ,遅れるな.

汝は長くは遅れなかった.
今汝は来る.善きウェヌスが
汝を助けんことを,なぜなら
汝が欲することを汝は公然と欲しており,そして
 良き愛を汝は蔑まぬから.

アフリカの砂の数を,
そして煌めく星々の
数を先に数える事ができるだろう,
汝らの何千何万もの戯れの
 数を数えることを欲する者は.

赴くがままに戯れるが良い,そしてすぐに
子をもうけよ.かくも由緒正しき
名前が子なしであることは
相応しからず,同じ所より
 生まれ出ずるべし.


【2006/10/24 19:46】 Catullus 61 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第61歌169(176)-188(195)行

illi non minus ac tibi
pectore uritur intimo   170
flamma, sed penite magis.
io Hymen Hymenaee io,
 io Hymen Hymenaee.  (180)

mitte brachiolum teres,
praetextate, puellulae.  175
iam cubile adeat viri.
io Hymen Hymenaee io,
 io Hymen Hymenaee.  (185)

<vos> bonae senibus viris
cognitae bene feminae  180
collocate puellulam.
io Hymen Hymenaee io,
 io Hymen Hymenaee.  (190)

iam licet venias, marite:
uxor in thalamo tibi est,  185
ore floridulo nitens,
alba parthenice velut
 luteumve papaver.   (195)

彼の胸の奥では,
汝に劣らず
炎が燃えている,だがより深く燃えている.
やあ,婚礼の神よ,やあ,
 やあ,婚礼の神よ.

縁取り付きのトガを来た男の子よ*1
乙女の柔らかい手を放せ,
今,彼女を花婿の床へ来させよ.
やあ,婚礼の神よ,やあ,
 やあ,婚礼の神よ.

汝ら,年老いた夫に
忠誠を認められし善き妻達よ*2
乙女を置くが良い.
やあ,婚礼の神よ,やあ,
 やあ,婚礼の神よ.

今,花婿よ,来る事が許されている.
汝の妻は新床にいる,
花に飾られた輝かしい顔で,
それは白きカツミレか
 黄色い芥子の如し.


*1 付き添いの少年.ローマでは自由人の子供は17までは紫の縁取りの付いたトガを来ていた.
*2 付き添いの既婚の女たち.


【2006/10/24 04:40】 Catullus 61 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第61歌144(151)-168(175)行

nupta, tu quoque quae tuus
vir petet cave ne negas,   145
ni petitum aliunde eat.
'io Hymen Hymenaee io,
 io Hymen Hymenaee.'   (155)

en tibi domus ut potens
et beata viri tui,       150
quae tibi sine serviat
(io Hymen Hymenaee io,
 io Hymen Hymenaee)   (160)

usque dum tremulum movens
cana tempus anilitas     155
omnia omnibus annuit.
io Hymen Hymenaee io,
 io Hymen Hymenaee.   (165)

transfer omine cum bono
limen aureolos pedes,    160
rasilemque subi forem.
io Hymen Hymenaee io,
 io Hymen Hymenaee.   (170)

aspice intus ut accubans
vir tuus Tyrio in toro     165
totus immineat tibi.
io Hymen Hymenaee io,
 io Hymen Hymenaee.   (175)

花嫁よ,汝もまた,汝の
夫が欲する事拒む事なかれ.
他所より彼が取りにゆく事なきように.
やあ,婚礼の神よ,やあ,
 やあ,婚礼の神よ.

ああ,汝の夫の家はいかに権威に満ち,
そしていかに恵まれしことか.
それを汝に仕えさせよ,
(やあ,婚礼の神よ,やあ,
 やあ,婚礼の神よ.)

白髪となる老年が
頭を振るわせて,
あらゆる事に於いてすべて頷くその時まで*1
やあ,婚礼の神よ,やあ,
 やあ,婚礼の神よ.

善き兆とともに,
黄金色の足*2で敷居をまたげ,
すり切れた戸口に入れ.
やあ,婚礼の神よ,やあ,
 やあ,婚礼の神よ.

見よ,内に汝の夫が
紫の床に横になり,
全身で汝を見つめている様を.
やあ,婚礼の神よ,やあ,
 やあ,婚礼の神よ.


*1 老いて頭が震えるため,全てに同意しているように見える様.
*2 新婦は黄色い靴下を履いている.cf.9-10.


【2006/10/23 22:33】 Catullus 61 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第61歌119(126)-143(150)行

ne diu taceat procax
Fescennina iocatio,     120
nec nuces pueris neget
desertum domini audiens
 concubinus amorem.  (130)

da nuces pueris, iners
concubine! satis diu    125
lusisti nucibus: iuvet
iam servire Talasio.
 concubine, nuces da.  (135)

sordebant tibi vilicae,
concubine, hodie atque heri: 130
nunc tuum cineraius
tondet os. miser a miser
 concubine, nuces da.  (140)

diceris male te a tuis,
unguentate, glabris, marite, 135
abstinere, sed abstine.
'io Hymen Hymenaee io,
 <io Hymen Hymenaee.'> (145)

scimus haec tibi quae licent
soli cognita, sed marito  140
ista non eadem licent.
'io Hymen Hymenaee io,
 io Hymen Hymenaee.'  (150)

126 iuvet Busche : lubet V  140 soli rec. : sola V

厚かましいフェスケンニアの
冗談*1が長く黙ることのないように,
そして,主人の寵愛が捨てられたのを
知った稚児が,子供らに胡桃*2
 与えるのを拒まぬように.

子供らに胡桃を与えよ,怠け者の
稚児よ.お前は充分長く
胡桃で遊んだのだ.今や,喜んで
お前はタラーシウス*3に仕えよ.
 稚児よ,胡桃を与えよ.

田舎の農夫の女はお前には似つかわしくなかった,
稚児よ,今までの所は.
今や,床屋がお前の
顔を剃っている.哀れな,ああ哀れな
 稚児よ,胡桃を与えよ.

毛を抜かれたお前の稚児から,
香水を掛けられた夫よ,お前は
離れるのは大変だと言われている,だが離れよ.
「やあ,婚礼の神よ,やあ,
 やあ,婚礼の神よ」

我々は知っている,これらは独身の
お前に許されていることだと,だが,結婚した者には
同じその事は許されてはいない.
「やあ,婚礼の神よ,やあ,
 やあ,婚礼の神よ」


*1 婚礼の行列の際には,versus Fescennini(フェスケンニアの謡)という猥歌が歌われる.
*2 胡桃は子供の遊び道具であった.この婚礼の行列の際には胡桃がばらまかれた.
*3 ローマでの婚礼の神.


【2006/10/23 19:09】 Catullus 61 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第61歌97(101)-118(125)

non tuus levis in mala
deditus vir adultera,
probra turpia persequens,
a tuis teneris volet     100
 secubare papillis,    (105)

lenta sed velut adsitas
vitis implicat arbores,
implicabitur in tuum
complexum. sed abit dies:  105
 prodeas nova nupta.   (110)

o cubile, quod omnibus
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
 candido pede lecti,    (115)

quae tuo veniunt ero,
quanta gaudia, quae vaga  110
nocte, quae medio die
gaudeat! sed abit dies:
 prodeas nova nupta.   (120)

tollite, <o> pueri, faces:
flammeum video venire.   115
ite concinite in modum
'io Hymen Hymenaee io,
 io Hymen Hymenaee.'   (125)

あり得ぬことだ,汝の夫が軽々しく悪しき
姦淫に身を委ね
厭わしい不名誉を追求することは,
そうしてお前の柔らかい乳房より
 離れることを望んだりはしない.

ちょうどしなやかな葡萄が
支えの木に縋るが如く,
彼は難じの抱擁にと
縋らん.だが,日は過ぎて行く.
 新妻よ,進むがよい.

おお,床よ,全ての者にとって
(欠行)
(欠行)
(欠行)
 輝かしい床の足(に?)

いかなる喜びが汝の夫に訪れているか,
どれほど大きな喜びを,過ぎ行く
夜に,昼日中に
彼は喜ぶことができよう.だが,日は過ぎて行く.
 新妻よ,進むがよい.

子らよ,松明を手に取るが良い,
婚礼のベールが来るのが見えた.
さあ,習わし通りに声合わせ歌え,
「やあ,婚礼の神よ,やあ,
 やあ,婚礼の神よ」


【2006/10/22 19:34】 Catullus 61 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第61歌 76-96(100)行

claustra pandite ianuae.
virgo adest. viden ut faces
splendidas quatiunt comas?  78
・・・・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・・    (80)

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
tardet ingenuus pudor.
quem tamen magis audiens,  80
 flet quod ire necesse est.  (85)

flere desine. non tibi Au
runculeia periculum est,
ne qua femina pulcrior
clarum ab Oceano diem    85
 viderit venientem.      (90)

talis in vario solet
divitis domini hortulo
stare flos hyacinthinus.
sed moraris, abit dies.     90
 <prodeas nova nupta.> (95)

prodeas nova nupta, si
iam videtur, et audias
nostra verba. viden? faces
aureas quatiunt comas:    95
 prodeas nova nupta.     (100)

門の閂を開け.
乙女が来ている.松明が
輝かしい頭を打ち振るうのが見えないのか?
(欠行)
(欠行)

(欠行)
(欠行)
高貴なはにかみは(花嫁を)後らせ(ない).
しかしそれを聞きつつ,
 彼女は行かねばならぬ事で涙する.

泣くのを止めよ.アウルンクレイア,
汝は恐れることはない,
誰かお前よりも美しい女が
海から上る明るい日を
 見るのではないかと,恐れることは.

そのように美しいヒアシンスの花が
財に満ちた主人の
色とりどりの庭に背高く咲くもの.
だが遅くなっている,日は過ぎて行く.
 新妻よ,進むがよい.

新妻よ,進むが良い,もし
今その気になったら,そして
我々の言葉を聞くが良い.見えないか?松明が
黄金の頭を振るうのが.
 新妻よ,進むが良い,


【2006/10/21 12:53】 Catullus 61 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス61歌 51-75行

te suis tremulus parens
invocat, tibi virgines
zonula soluunt sinus,
te timens cupida novos
 captat aure maritus.    55

tu fero iuveni in manus
floridam ipse puellulam
dedis a gremio suae
matris, o Hymenaee Hymen,
 o Hymen Hymenaee.    60

nil potest sine te, Venus,
fama quod bona comprobet,
commodi capere, at potest
te volente. quis huic deo
 compararier ausit?     65

nulla quit sine te domus
liberos dare, nec parens
stirpe nitier; at potest
te volente. quis huic deo
 compararier ausit?     70

quae tuis careat sacris,
non queat dare praesides
terra finibus: at queat
te volente. quis huic deo
 compararier ausit?     75

※53 sol-u-unt ( U U ー).

老いに震える親は我が子らのために汝を
呼ばう,汝がために乙女らは
襞なす衣から帯を解く,
汝を畏怖して花婿は
 聞き耳を立てる.

汝は猛々しき若者の手に
華々しき乙女子を
その母の胸より
引き渡す,おお,婚礼の神よ,
 おお,婚礼の神よ.

汝なしにはウェヌスは,
名声が是としようと,何の
利益もなし得ない,彼女がそれをなし得るのは
汝の意思による.誰がこの神に
 敢えて比されよう?

いかなる家も汝なしには
子を設けることはならぬ,どの親も
子孫に頼る事はならぬ,それができるのは
汝の意思による.誰がこの神に
 敢えて比されよう?

汝の聖儀を欠きし地あれば,
その境界に守り手与える事
なからん.それができるのは
汝の意思による.誰がこの神に
 敢えて比されよう?



【2006/10/20 23:39】 Catullus 61 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス61歌 婚礼歌 26-50

quare age, huc aditum ferens,
perge linquere Thespiae
rupis Aonios specus,
nympha quos super irrigat
 frigerans Aganippe.    30

ac domum dominam voca
coniugis cupidam novi,
mentem amore revinciens,
ut tenax hedera huc et huc
 arborem implicat errans.  35

vosque item simul, integrae
virgines, quibus advenit
par dies, agite in modum
dicite, o Hymenaee Hymen,
 o Hymen Hymenaee.    40

ut lubentius, audiens
se citarier ad suum
munus, huc aditum ferat
dux bonae Veneris, boni
 coniugator amoris.     45

quis deus magis est ama-
tis petendus amantibus?
quem colent homines magis
caelitum, o Hymenaee Hymen,
 o Hymen Hymenaee?    50

それゆえ,さあ,ここへ歩みを運び,
急ぎ来れ,テスピアエの岩山にある
アーオニアの洞窟*1,そこには
ニンフであるアガニッペーが清々しく
 水を上から導くのだが,それを後にして.

そして,家に,待ちこがれている
新しき妻たる女主人を呼べ,
心を愛にて留め直せ,
ちょうどしなやかな木蔦があちこちに
 這い回って木を縛るが如くに.

同じく汝らも一緒に,男を知らぬ
乙女らよ,お前達にも同じ日が
近づいているのだが,さあ,習わし通りに
声に出せ,おお,婚礼の神よ,
 おお,婚礼の神よ.

自分がすべき仕事に
呼ばれているのを聞いたなら,
善きウェヌスの導き手,善き
愛の結び手が,こちらへ
 歩みを進めんことを.

どの髪が,愛し愛されている者に
より望まれるべきだろうか,
天に住まう者のだれが,人々に
より崇められるだろうか.おお,婚礼の神よ,
 おお,婚礼の神よ?


*1 テスピアエはヘリコーンの麓の町.つまり,この岩山はヘリコーン.アーオニアはヘリコーンのあるボイオティア地方のこと.


【2006/10/19 18:24】 Catullus 61 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス第61歌1-25 婚礼歌
カトゥッルス第61歌1-25 婚礼歌(1) (全228行)

Collis o Heliconii
cultor, Vraniae genus,
qui rapis teneram ad virum
virginem, o Hymenaee Hymen,
 o Hymen Hymenaee.     5

cinge tempora floribus
suave olentis amaraci,
flammeum cape laetus, huc
huc veni, niveo gerens
 luteum pede soccum;    10

excitusque hilari die,
nuptialia concinens
voce carmina tinnula,
pelle humum pedibus, manu
 pineam quate taedam.    15

namque Iunia Manlio,
qualis Idalium colens
venit ad Phrygium Venus
iudicem, bona cum bona
 nubet alite virgo,       20

floridis velut enitens
myrtus Asia ramulis
quos Hamadryades deae
ludicrum sibi roscido
 nutriunt umore.       25

ヘリコーンの丘に
住まう者,ウーラニアの息子,
か弱き乙女を男のもとに
奪いし者よ,おお,婚礼の神よ,
 おお,婚礼の神よ.

頭に甘く香るマジョラムの
花々を巻くがよい,
喜びに満ちて婚礼のベールを着け,ここへ,
ここへ来れ,白い足に
 黄色い履物を履いて.

喜ばしい日に心膨らませ
婚礼の歌を白銀の声で
響かせつつ
足で大地を踏み踊り,手で
 松の木の松明を打ち振れ.

なぜなら,イーダリオンに住む
ウェヌスがプリュギア人の審判*1のもとに
来た時のように麗しい
ユーニアがマンリウスに嫁ぐのだ,善き乙女が
 吉兆と共に嫁ぐのだ.

それはちょうど花咲く
枝を持つ輝かしいアシアの天人花のよう,
それは森の女神らが
したたる水で育てる
 彼らの遊具だが.


*1 パリス.アプロディーテー(ウェヌス)とヘーラーとアテーネーの三女神のうち誰が一番美しいかを決める審判となり,アプロディーテーが選ばれる.


【2006/10/19 18:23】 Catullus 61 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。