ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス68歌149-60(完結)

hoc tibi, quod potui, confectum carmine munus
 pro multis, Alli, redditur officiis,        150
ne vestrum scabra tangat rubigine nomen
 haec atque illa dies atque alia atque alia.
huc addent divi quam plurima, quae Themis olim
 antiquis solita est munera ferre piis.
sitis felices et tu simul et tua vita,        155
 et domus <ipsa> in qua lusimus et domina,
et qui principio nobis †terram dedit aufert†,
 a quo sunt primo omnia nata bona,
et longe ante omnes mihi quae me carior ipso est,
 lux mea, qua viva vivere dulce mihi est.    160

私が作る事のできた,歌により作られたこの贈り物をあなたに,
 アッリウス様,多くのお骨折りに対してお返しいたします.(150)
この日が,また別の日が,また次の,次の日が,
 あなたの名前にざらざらした錆で犯す事のないようにするために.
これに,神々が出来る限りの贈り物を加えて下さいますように,それはかつてテミスが
 古の敬神に対して与えるのが常であったのです.
あなたがたは幸福でいてください,あなたと同時に,あなたの命の女も,(155)
 そして,私と女主人が戯れたその家も,
そして,はじめに私に†この大地を与えてくれた†その人も,
 その人により,初めてあらゆる善きものが生まれて来たのです.
そして,誰よりにも遥かにまして,私に取って私自身よりも大切な,
 我が光も,その人が生きているため,私にとって生きる事は甘美なのです.(160)

スポンサーサイト

【2005/12/26 17:28】 Catullus 68 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス68歌129-48

sed tu horum magnos vicisti sola furores,
 ut semel es flavo conciliata viro.       130
aut nihil aut paulo cui tum concedere digna
 lux mea se nostrum contulit in gramium,
quam circumcursans hinc illinc saepe Cupido
 fulgebat crocina candidus in tunica.
quae tamen etsi uno non est contenta Catullo, 135
 rara verecundae furta feremus erae,
ne nimium simus stultorum more molesti.
 saepe etiam Iuno, maxima caelicolum,
coniugis in culpa flagrantem concoquit iram,
 noscens omnivoli plurima furta Iovis.    140
atqui nec divis homines componier aequum est,
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ingratum tremuli tolle parentis onus.
nec tamen illa mihi dextra deducta paterna
 fragrantem Assyrio venit odore domum,
sed furtiva dedit mira munuscula nocte,    145
 ipsius ex ipso dempta viri gremio.
quare illud satis est, si nobis is datur unis
 quem lapide illa dies candidiora notat.

だが,お前だけは,これらの大きな熱情に打ち勝つことが出来る
 ひとたびお前が金髪の男と結ばれた時に.(130)
それに全く,あるいはほとんど劣るべくもなく,
 私の光は,私の懐に入って来た,
その彼女の周りをあちこちとクピードーは飛び回りながら
 サフラン色の上着を来て輝きながら飛んでいた.
しかし,その彼女がたとえカトゥッルス一人に満足しなくても,(135)
 慎み深い女主人の稀な浮気は我慢しよう,
あまりにも愚かなやり方で嫌な男とならないように.
 しばしば,神々のなかで最も偉大な女性ユーノーさえも,
夫の犯した罪のために燃え上がる怒りを飲み込んだ,
 誰にでも手を出すユッピテルの,ずっと多くの浮気を知りながらも.(140)
だが,神々と人間を比較するのは公平ではない,
         <2行(?)
              欠落>
 年老いて震える親の嫌な重荷を取り払え.
しかし,彼女は私のところに,親の右手に引かれて
 アッシュリアの香水香しい家にやって来たのではない,
人目を盗んでそのすばらしい夜に贈り物をくれたのだ,(145)
 自分の夫のまさにその懐から奪ってきた贈り物を.
だから,それで満足なのだ,もし彼女が私一人のために,
 輝く石で彼女が印をつけたその日を割り振ってくれれば,


【2005/12/26 16:01】 Catullus 68 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス68歌117-28

sed tuus altus amor barathro fuit altior illo,
 qui tamen indomitam ferre iugum docuit
nam nec tam carum confecto aetate parenti
 una caput seri nata nepotis alit,     120
qui, cum divitiis vix tandem inventus avitis
 nomentestatas intulit in tabulas,
impia derisi gentilis gaudia tollens
 susctat a cano volturium capiti:
nec tantum niveo gavisa est ulla columbo 125
 compar, quae multo dicitur improbius
oscula mordenti semper decerpere rostro,
 quam quae praecipue mltivola est mulier.

しかし,お前の深い愛は,かの深淵よりも深かった,
 それは初心なお前に,軛を背負う事を教えたのだ.
実に,年老いた父にとって,娘が育む
 遅く生まれた孫もこれほど愛しくはない,(120)
ようやく最後に,父祖の財産に見いだされて
 名前を証書に書き入れたことで,
親類の不敬な喜びをせせら笑って取り除き,
 白髪の頭から禿鷹を追い払うその孫も.
また,白い雄鳩にとっても,相手の雌鳩がこれほど喜ばしい(125)
 ものではない,その雌鳩は,きわめて淫蕩な女性よりも
ずっとふしだらに,
 もぐもぐさせる嘴で口づけを奪うと言われているが.


【2005/12/26 12:01】 Catullus 68 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス68歌105-16

quo tibi tum casu, pulcerrima Laudamia,   105
 ereptum est vita dulcius atque anima
coniugium: tanto te absorbens vertice amoris
 aestus in abruptum detulerat barathrum,
quale ferunt Grai Pheneum prope Cyllenaeum
 siccare emulsa pingue palude solum,    110
quod quondam caesis montis fodisse medullis
 audit falsiparens Amphytryoniades,
tempore quo certa Stymphalia monstra sagitta
 perculit imperio deterioris eri,
pluribus ut caeli tereretur ianua divis,     115
 Hebe nec longa virginitate foret.

その出来事によって,最も美しいラーウダミーアよ,(105)
 お前から命よりも心よりも甘い物であった
夫が奪い取られたのだ.これほどまでの愛の渦によって,お前を
 巻き込んだ波は,お前を切り立った深淵へと流し込んだ,
ちょうどギリシア人が言うように,キュッレーネー山の麓ペーネウスの町*1のそばで,
 豊かな沼から水を絞りだして,土を乾かしたあの深淵のよう,(110)
その深淵は,かつて,山の髄を切って
 偽の父親アムピトリオーンの息子*2があえて掘ったもの,
それは自分よりも劣った主人の命令*3で,過たぬ矢によって
 ステュンパルスの怪物*4を射殺したときのこと.
そうして,天の門はより多い神々によって通られ,(115)
 へーべーも,長い処女性を持たなくなった*5


*1 両者とも北アルカディアにある.ここで沼地の水を引いたのは,ヘーラクレースの仕事とされる.
*2 ヘーラクレースの父は実はゼウスで,アムピトリオーンは名目上の父.
*3 12の苦行を与えたエウリュステウスのこと.
*4 ステュンパルスも北アルカディアの町.この近くに,畑を荒らす鳥が住み着き(あるいは人肉を食らう鳥),それを退治することがエウリュステウスによって命ぜられた.12苦行の一つ.
*5 ヘーラクレースは死後神となり,ヘーベーと結ばれる.


【2005/12/26 01:55】 Catullus 68 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス68歌87-104

nam tum Helenae raptu primores Argivorum
 coeperat ad sese Troia ciere viros,
Troia (nefas!) commune sepulcrum Asiae Europaeque,
 Troia virum et virtutum omnium acerba cinis,    90
quaene etiam nostro letum miserabile fratri
 attulit. ei misero frater adempte mihi,
ei misero fratri iucundum lumen ademptum,
 tecum una tota est nostra sepulta domus,
omnia tecum una perierunt gaudia nostra,      95
 quae tuus in vita dulcis alebat amor.
quem nunc tam longe non inter nota sepulcra
 nec prope cognatos compositum cineres,
sed Troia obscena, Troia infelice sepultum
 detinet extremo terra aliena solo.         100
ad quam tum properans fertur <lecta> undique pubes
 Graeca penetralis deseruisse focos,
ne Paris abducta gavisus libera moecha
 otia pacato degeret in thalamo.

というのも,その時ヘレネーの強奪によって,アルゴス勢の最も高貴なものらを
 トロイアは自分のところに呼んだのだ.
トロイアよ,許されぬ町よ,アジアとヨーロッパの共通の墓よ,
 トロイアよ,勇敢な男たち全ての,惨い墓よ,(90)
我が兄弟にも無惨な詩をもたらした町よ.
 ああ,哀れな私から奪われた兄弟よ,
ああ,哀れな兄弟から奪われた心地よい光よ,
 お前とともに,私の家全てが葬り去られた
お前と一緒に私の喜びは滅びてしまった,(95)
 お前の甘い愛が,生きているときに育んだその喜びが.
その兄弟は,かくも長く,馴染みの墓の間にも,
 親類の遺骸の近くにも葬られず,
ふしだらなトロイアが,見知らぬ地,トロイアが
 最果ての土に葬られた兄弟を持っているのだ.(100)
そこへ,その時,至る所から集められたギリシアの
 若者が,そこへ向かって,家のなかの炉を捨てたという.
パリスが,奪った売女を楽しんで
 ぬくぬくと閨で自由な閑暇を過ごさせないために.


【2005/12/25 12:59】 Catullus 68 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス68歌
参考文献追加……

Arkins, Brian. "Two notes on Catullus: I. 68.145; II. Crucial constants in Catullus: Callimachus, the Muses, friends and enemies." LCM 17 (1992): 115-8.

Clauss, James J. "A Delicate Foot on a Well-Worn Threshold. Paradoxical Imagery in Catullus 68b." AJPh 116 (1995): 237-54.

Goodwin, John. Catullus: Poems 61-68. Edited with Introduction, Translation and Commentary by. Warminster: Aris & Phillips, 1995.

Jackson, Giorgio. "Catullo 68,109 (= 69)." Vichiana, ns, 1 (1999): 39-46.

Sarkissian, John. Catullus 68: An Interpretation. Mnemosyne Supplementum 76. Leiden: Brill, 1983.

Tuplin, C. J. " Catullus 68." CQ, ns, 31 (1981): 113-39.


一応1980年以降のめぼしいもののみ.他はSarkissianのBibliographyなどで見つけられると思います.

誰かこれのコメンタリー作らないでしょうか(日本語で)……


【2005/12/25 03:24】 Catullus 68 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス68歌67-86

is clausum lato patefecit limite campum,
 isque domum nobis isque dedit hominae,
ad quam communes exerceremus amores.
 quo mea se molli candida diva pede     70
intulit et trito fulgentem in limine plantam
 innixa arguta constituit solea,
coniugis ut quondam flagrans advenit amore
 Protesilaeam Laudamia domum
inceptam frustra, nondum cum sanguine sacro 75
 hostia caelestis pacificasset eros.
nil mihi tam valde placeat, Ramnusia virgo,
 quod temere invitis susucipiatur eris.
quam ieiuna pium desideret ara cruorem,
 docta est amisso Laudamia viro,       80
coniugis ante coacta novi dimittere collum,
 quam veniens una atque altera rursus hiems
noctibus in longis avidum saturasset amorem,
 posset ut abrupto vivere coniugio,
quod scribant Parcae non longo tempore abesse, 85
 si miles muros isset ad Iliacos.

彼こそが閉ざされた野原を広い道で開いたのだ,
 彼こそが,私に家を,彼こそが女主人に家を与えたのだ,
そこで我々は共通の愛を営むようにと.
 そこへ我が輝かしき女神は,柔らかい足で (70)
歩み入り,そして輝く足の裏を擦り減った敷居の上に
 置いた,ギシギシいうサンダルに乗りながら.
ちょうどかつて夫への愛に燃え上がって
 プロテシラーオスの家に,ラーオダミーアがやって来たように*1
その家はむなしく作り始められたのだが,というのも,未だ(75)
 生け贄が聖なる血で天の主人らを宥めなかったから.
いかなる事も,これほど激しく私を喜ばせないで欲しい,ラムヌスの乙女よ*2
 不用意に,その主人らの意に反して行われた事ほど*3
いかにどん欲な祭壇が,孝神の血を欲していたのかを,
 夫を失ってからラーオダミーアは知った.(80)
彼女は新郎の首を手放す事を余儀なくされた,
 一つか二つの冬が再びやって来て,
長い夜にどん欲な愛を満たして
 夫が奪われても生きてゆくことができるようになるより先に.
その別れは,パルカらは遠い時にあるのではないことを知っていた,(85)
 もし兵士らがイーリオンの城壁に出兵したのなら,


*1 Il.2.695-710によると,プロテシラーオスはイーリオンで真っ先に躍り出たところをトロイア方に殺されます.ラーオダミーアは.神に3時間だけプロテシラーオスを生き返らせて欲しいと願ったあと,その手の中で自害,あるいは,彼の像を抱いて寝ているのを,プロテシラーオスの父が,悲しみを絶つ目的で,その像を火に投じた際に,その火に身を投げ,自害します.
*2 復讐女神ネメシス.
*3 この77-8の2行は,必要であるようにあまり見えません.Sarkissianはこの部分は深刻に取らずに,この願望は神話をあげる際のいわばトポスとみるべきと言っています(Sarkissian p.20)が, それではなぜここでなければならないのか,という必然性が疑問です.さらに別解についてはSarkissian p.51 n.60にあげられていますが,これもあまり説得力があるようには思えません.誰か説得力のある解説をお願いします…….


【2005/12/24 11:27】 Catullus 68 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス68歌41-66

Non possum reticere, deae, qua me Allius in re
 iuverit aut quantis iuverit officiis,
ne fugiens saeclis obliviscentibus aetas
 illius hoc caeca nocte tegat studium:
sed dicam vobis, vos porro dicite multis    45
 milibus et facite haec carta loquatur anus.
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
 notescatque magis mortuus atque magis,
nec tenuem texens sublimis aranea telam
 in deserto Alli nomine opus faciat.      50
nam, mihi quam dederit duplex Amathusia curam,
 scitis, et in quo me torruerit genere,
cum tamen arderem quantum Trinacria rupes
 lymphaque in Oetaeis Malia Termopylis,
maesta neque assiduo tabescere lumina fletu  55
 cessarent tristique imbre madere genae.
qualis in aerii perlucens vertice montis
 rivus muscoso prosilit e lapide,
qui cum de prona praeceps est valle volutus,
 per medium densi transit iper populi,    60
dulce viatori lasso in sudore levamen,
 cum gravis exustos aestus hiulcat agros,
ac velut in nigro iactatis turbine nautis
 levius aspirans aura secunda venit
iam prece Pollucis, iam Castoris implorata,  65
 tale fuit nobis Allius auxilium.

私は黙っていることができない,女神たちよ,どのようなことでアッリウスが私を
 助けたのか,あるいはどれほどの仕事で助けたのかを,
逃げさる時代が,物を忘れる世紀によって
 彼のこの努力を盲いた夜によって覆わないようにするために.
私はあなた達にいおう,さらにあなた達は何千もの人々に語りたまえ,(45)
 そしてこの書き付けが老婆になっても語るようにしたまえ.
          <一行欠落>
 そして死してもなおますます有名になりますように,
そして,高いところで細い網を織る雲が
 アッリウスの名前に仕事をして,忘れられたものとしないように.(50)
それというのも,いかなる恋の苦労を,二股がけのアマトゥーシアが私に与えたかを,
 あなた方は知っている,そしてどのような仕方で私を焼いたのかも,
それは,私が,シチリアの岩,
 オエタのテルモピュラエにあるマリスの水ほど,燃え上がり,
悲しみにくれる眼は絶え間ない涙で溶けることを(55)
 止めず,そして,悲しい雨で頬はぬれることを止めなかった時のこと.
ちょうど空に聳える山の頂上で
 光り輝く河が苔むした岩から吹き出し,
それが傾斜した谷から真っ逆さまに流れ落ちた時,
 人のにぎわう道の真ん中を通り過ぎ,(60)
ひどい暑さが野を焼き尽くしてひび割れさせている時,
 汗だくになって疲れている旅人の甘い癒しとなるように,
また,ちょうど黒い渦の中で翻弄されている水夫が,
 今やポッルークスに,今やカストルに祈りを捧げていた時に,
穏やかな順風が息吹いて来るように,(65)
 アッリウスは私に取ってちょうどそのような助けであった.


【2005/12/24 01:50】 Catullus 68 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス68歌19-40

sed totum hoc studium luctu fraterna mihi mors
 abstulit. o misero frater adempte mihi,    20
tu mea tu moriens fregisti commoda, frater,
 tecum una tota est nostra sepulta domus,
omnia tecum una perierunt gaudia nostra,
 quae tuus in vita dulcis alebat amor.
cuius ego interitu tota de mente fugavi     25
 haec studia atque omnes delicias animi.
quare, quod scribis Veronae turpe Catullo
 esse, quod hic quisquis de meliore nota
frigida deserto tepefactet membra cubili,
 id, mi Alli, non est turpe, magis miserum est.  30
ignosces igitur si, quae mihi luctus ademit,
 haec tibi non tribuo munera, cum nequeo.
nam, quod scriptorum non magna est copia apud me,
 hoc fit, quod Romae vivimus: illa domus,
illa mihi sedes, illic mea carpitur aetas;     35
 huc una ex multis capsula me sequitur.
quod cum ita sit, nolim statuas nos mente maligna
 id facere aut animo non satis ingenuo,
quod tibi non utriusque petenti copia posta est.
 ultro ego deferrem, copia siqua foret.     40

しかし,この熱意を私の兄弟の死が,悲しみによってすべて
 奪い取ってしまったのです.ああ,あわれな私から奪い取られた兄弟よ,(20)
お前は私の幸せを,お前は死ぬことで,兄弟よ,打ち砕いたのだ,
 お前と一緒に,我々の家は葬られてしまった,
すべての私の喜びは,お前と一緒に滅びたのだ,
 お前の優しい愛が生きている間培ってきたその喜びは.
その死のために,私は心全体から(25)
 この情熱と,私の心のあらゆる楽しみを追い出したのです.
ですから,あなたが,カトゥッルスがウェーローナにいることは
 恥ずかしいことだ,なぜなら,ここでは上流階級の誰もが
見捨てられたとこで,冷たい体を温めているのだから,とおかきになっていることは,
 そのことは,わがアッリウス様,恥ずかしいことなのではなく,むしろ哀れなのです.(30)
ですから,ご容赦下さい,もし,悲しみが私から奪った
 この贈り物をあなたに私が捧げなくても.なぜなら,私はできないのですから.
実際,私のところにある書物の量は多くはないのは,
 私がローマで暮らしているということのためです.あそこが我が家,
あそこが我が居場所,あそこで私は青春を味わったのです.(35)
 ここへは,多くの書物箱のなかから,一つだけが私について来たのです.
そんな訳ですから,悪意でとか,
 十分能力がないためだと判断しないでいただきたいのです.
あなたが欲しているのに,どちらの物も十分与えられないからと言って.
 私としては,もし物がありさえすれば,すすんで持っていくのですが.(40)


【2005/12/22 10:02】 Catullus 68 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カトゥッルス68歌1-18

Quod mihi fortuna casuque oppressus acerbo
 conscriptum hoc lacrimis mittis epistolium,
naufragum ut eiectum spumantibus aequoris undis
 sublevem et a mortis limine restituam,
quem neque sancta Venus molli requiescere somno 5
 desertum in lecto caelibe perpetitur,
nec veterum dulci scriptorum carmine Musae
 oblectant, cum mens anxia pervigilat:
id gratum est mihi, me quoniam tibi dicis amicum,
 muneraque et Musarum hinc petis et Veneris.  10
sed tibi ne mea sint ignota incommoda, mi Alli,
 neu me odisse putes hospitis officium,
accipe, quis merser fortunae fluctibus ipse,
 ne amplius a misero dona beata petas.
tempore quo primum vestis mihi tradita pura est, 15
 iucundum cum aetas florida ver ageret,
multa satis lusi: non est dea nescia nostri,
 quae dulcem curis miscet amaritiem.

運命の出来事によって打ちひしがれたあなたは,
 この涙で綴られた手紙を私に送ってくださいました.
私が難破して投げ出されたあなたを海の泡立つ波から
 救い出し,死の入り口から呼び戻すようにと.
聖なるウェヌスは,そのあなたに,独り身の床に捨てられたまま,(5)
 心地よい眠りで休むことを許さず,
ムーサらも,古の詩人らの甘き歌で
 喜ばすことをせず,不安な気持ちが夜を寝ずに過ごしているのですが.
そうした手紙をくださったのは,私にはうれしいことです,なぜならあなたは私をあなたの友と呼び
 ここからムーサらとウェヌスの贈り物を要求しているのですから.(10)
しかし,あなたは私の不幸のことをご理解ください,我がアッリウス様,
 そして,私が主客の友情の義務を嫌っていると思わないで下さい.
ご理解ください,どのような運命の波に私自身が沈められているかを,
 惨めな私に,贅沢な贈り物を要求しないでください.
最初に私に純白の服が渡された時,(15)
 花さく若盛りの年頃が心地よい春を送っている時,
私は十分沢山歌ったもの.愛情に甘い苦しみを混ぜる
 女神も私をよく知っていました.


【2005/12/21 23:04】 Catullus 68 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。