ラテン語徒然  ラテン語の翻訳・覚え書きなど
log-in  ラテン語入門 作家別インデックス 文法資料 リンク集 ギリシア語フォントについて アーカイブ他
歴史地図 伊北 伊南 希北 希南 小ア PHI Perseus POxy KVK CiNii L-S Georges Gildersleeve 省略記号 Text Archive BMCR DCC

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | 記事修正

TOPへ


カッリマコス『アポッローン賛歌』105-13行(完結)
o9 Fqo/nov70Apo/llwnov e0p 0 ou1ata la/qriov ei]pen: 77777105
79 ou0k a1gamai to_n a0oido_n, o4v ou0d 0 po/ntov a0ei/dei.70
to_n Fqo/non w9po/llwn podi/ t 0 h1lasen w[de/ t 0 e1eipen:
7970Assuri/ou potamoi=o me/gav r9o/ov, a0lla_ ta_ polla/
lu/mata gh=v kai_ pollo_n e0f 0 u3dati surfeto_n e3lkei.
Dhoi= d 0 ou0k a0po_ panto_v u3dwr fore/ousi me/lissai, 77777110
a0ll 0 h3tiv kaqarh/ te kai_ a0xra/antov a0ne/rpei
pi/dakov e0c i9erh~v o0li/gh liba_v, a1kron a1wton.70

xai=re, a1nac: o9 de_ Mw~mov, i3n 0 o9 Fqo/nov, e1nqa ne/oito.
プトノス(妬み)はアポッローンの耳にこっそりと言った.
「私は海が歌う程に歌わない歌人を賞賛しない.」
このプトノスをアポッローンは足でけり飛ばし,そしてこのように言った.
「アッシュリアの河の流れは大きいが,しかしその殆どは
大地のがらくたや多くのゴミを水の中で引きずっている.
蜜蜂は全ての河からデーオー*1のところへ水を運ぶわけではなく,
綺麗で汚れなく,
聖なる泉から迸る僅かな流れ,最高の選りすぐりからだ.」

さらば,主よ.そしてモーモス(非難)よ,プトノスが行ったところへ行くがよい.

*1 デーメーテールのこと.

スポンサーサイト

【2005/11/16 23:27】 Callimachus In Apollinem | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カッリマコス『アポッローン賛歌』97-104行
i9h_ i9h_ paih=on a0kou/omen, ou3neka tou=to
Delfo/v toi prw/tiston e0fu/mnion eu3reto lao/v,
h]mov e9khboli/hn xruse/wn e0pedei/knuso to/cwn.
Puqw/ toi katio/nti sunh/nteto daimo/niov qh/r, 77777100
ai0no_v o1fiv/ to_n me_n su_ kath/narev a1llon e0p 0 a1llw|
ba/llwn w0ku_n o0i+sto/n, e0phu5thse de_ lao/v:
79 i9h_ i9h_ paih=on, i3ei be/lov:7e0uqu/ se mh/thr
gei/nat 0 a0osshth=ra. 07to_ d 0 e0ce/ti kei=qen a0ei/dh|.
ヒエー,ヒエー,パイエーオンを我々は聞いている.なぜなら
デルポイの民が,初めてこの繰り返しをあなたのために見い出したから.
あなたが黄金の弓の誤りなき技をお示しになった時に.
ピュトーに帰るあなたに,地上のものならぬ獣が出くわした.(100)
それは恐ろしい蛇であった.それを,あなたは次々矢を放って
殺したが,その時人々はあなたに願った,
「ヒエー,ヒエー,パイエーオン,矢を打って下さい*1.すぐに母は
あなたを救い主をしてお産みになりました」*2そして,以来今も,人々はこれを歌っている.

*1 i9h=i9ei=paih=onpai=, i9ei= i0o/nとする民間語源.
*2この部分は正直よく解りません.引用符の範囲は,Pfeifferに従いましたが,Williamsはbe/lovの後までがlao/vの言葉だとしています.その場合,アポッローンの蛇退治の後で,母親がアポッローンを産むことになって,順番が逆転してしまいます.しかし,ここで採用したPfeifferのやり方でも,ヒエー・パイエーオーンの意義付けをする際に,母親について言及するのは不必要にも見えます.だれか解る人がいたら御教示下さい…….


【2005/11/15 23:26】 Callimachus In Apollinem | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カッリマコス『アポッローン賛歌』80-96
i9h_ i9h_ Karnei=e polu/llite, sei=o de_ bwmoi/ 7777780
a1nqea me_n fore/ousin e0n ei1ari to/ssa per7[Wrai
poiki/l 0 a0gineu=si zefu/rou pnei/ontov e0e/rshn,
xei/mati de_ kro/kon h9du/n: a0ei_ de/ toi a0e/naon pu=r,
ou0de/ pote xqizo_n peribo/sketai a1nqraka te/frh.
h] r9 0 e0xa/rh me/ga Foi=bov, o3te zwsth=rev70Enuou=v 7777785
a0ne/rev w0rxh/santo meta_ canqh=|si Libu/ssaiv,
te/qmiai eu]te/ sfin Karneia/dev h1luqon w[rai.
oi9 d 0 ou1pw phgh=|si Ku/rhv e0du/nanto pela/ssai
Dwrie/ev, pukinh_n de_ na/paiv71Azilin e1naion.
tou_v me_n a1nac i1den au0to/v, e9h~| d 0 e0pedei/cato nu/mfh| 7777790
sta_v e0pi_ Murtou/sshv keratw/deov, h[xi le/onta
79Uyhi_v kate/pefne bow~n si/nin Eu0rupo/loio.
ou0 kei/nou xoro_n ei[de qew/teron a1llon70Apo/llwn,
ou0de_ po/lei to/s 0 e1deimen o0fe/lsima, to/ssa Kurh/nh|,
mnwo/menov prote/rhv a9rpaktu/ov. ou0de_ me_n au0toi/ 7777795
Battia/dai Foi/boio ple/on qeo_n a1llon e1tisan.
ヒエー,ヒエー,カルネイオスの神よ,また,あなたの祭壇は(80)
春には花を纏っている,ホーラ達が,
西風が雨の雫を息吹く時に,色とりどりにもたらす限りの花々を. また冬には心地よいサフランを纏っている.また一方,あなたには永遠の火があり,
また決して灰が昨日の炭を喰んでいることもない.
まこと非常にポイボスは喜んだ,兵士の帯を巻いたエニュオーの*1(85)
男達が金髪のリュビアの女達と共に踊った時には.
それは恒例のカルネイア祭が彼らにやって来た時のこと.
だが,未だドーリア人は,キュレーの泉*2には近付く事は出来なかった.
そして,彼らは幽谷多きアジリス*2に住んでいた.
かの主人その人はこれらを見ていた.そして,彼自身の妻にこれを示した.(90)
角のようなミュルトゥーッッサ*4の上に立って.そこは
ヒュプセウスの娘*5がエウリュピュロスの牛達の略奪者たるライオンを殺した場所.
アポッローンはそのコロスよりも神聖なコロスを見た事はない.
また,キュレーネーにそうした程の助けを町に与えた事はない,
以前の略奪を覚えていて.また,バットスの子孫ら自身も,(95)
ポイボス以上に他の神をあがめることはなかった.

*1エニュオーは戦いの女神.この文の解釈は不明.
*2キュレーネーの中心にあるアポッローンの泉.
*3キュレーネー移住以前に住んでいた場所.詳細不明.
*4キュレーネーの西側の切り立った丘.
*5キュレーネーは,河の神ピンドスの子ヒュプセウスの娘.このキュレーネーが獅子と戦っている所をアポッローンが見て恋に落ち,リビュアにつれて行き娶るが,これが植民地キュレーネーの名前の由来.


【2005/11/15 01:11】 Callimachus In Apollinem | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カッリマコス『アポッローン賛歌』65-79行
Foi=bov kai_ baqu/geion e0mh_n po/lin e1frase Ba/ttw| 7777765
kai_ Libu/hn e0sio/nti ko/rac h9gh/sato law|~,
decio_v oi0kisth=ri, kai_ w1mose tei/xea dw/sein
h9mete/roiv basileu=sin: a0ei_ d 0 eu1orkov70Apo/llwn.
w1pollon, polloi/ se Bohdro/mion kale/ousi,
polloi_ de_ kla/rion, pa/nth de/ toi ou1noma poulu/: 7777770
au0ta_r e0gw_ Karnei=on: e0moi_ patrw/ion ou3tw.
Spa/rth toi, Karnei=e, to/de prw/tiston e1deqlon,
deu/teron au] Qh/rh, tri/tato/n ge me_n a1stu Kure/nhv.
e0k me/n se Spa/rthv e3kton ge/nov Oi0dipo/dao
h1gage Qhrai/hn e0v a0po/ktisin: e0k de/ se Qh/rhv 7777775
ou]lov70Aristote/lhv70Asbusti/di pa/rqeto gai/h|,
dei=me de/ toi ma/la kalo_n a0na/ktoron, e0n de_ po/lhi
qh~ke telesfori/hn e0peth/sion, h[| e1ni polloi/
u9sta/tion pi/ptousin e0p 0 i0sxi/on, w]:a1na, tau=roi.

72 to/de codd. quam lectionem damnant fere omnes editores, sed nullas emendationes, quas editores proposuerunt, meliores esse puto
ポイボスはまたバットス*1に土豊かな我が町を示し,
リュビアに向かっている群衆を,カラスが導いた,
それは植民者の右側に現れたのだ.そして,彼は
我々の王に町を与えると誓ったのだ.そして,アポッローンは誓いをきちんと守る神であった.
アポッローンよ,多くの者らはあなたの事をボエードロミア*2の神と呼び,
また多くの者らはクラロス*3の神と呼ぶ.あらゆる所に,多くのあなたの呼び名がある.
だが,私はカルネイオスの神*4と呼ぶ.私にはこのように呼ことがしきたりであった.
スパルタが,カルネイオスの神よ,これが最初のあなたの住居,
二番目はテーレー,さらに三番目がキュレーネーの町.
スパルタからあなたをオイディプスより6代目の子孫が
テーレーの植民地へつれて行き,テーレーから
まったきアリストテレース*5がアスビュスタイの地(キュレーネー)へと託した.
そして,あなたに非常に美しい神殿を作った.そして,その町に
年ごとの秘儀を置いた.その中で,多くの
牛が,主人よ,最後に尻の上に倒れるのであるが.

*1テーレーの貴族,ポリュムネステースの子,アリストテレースで,キュレーネーの植民者.後にこのバットゥスの名を得る.
*2ボエードロミアはアッティカの月の名前で,現在の9月半ばからの一月.
*3アポッロー崇拝の中心地.
*4スパルタでのアポッローの祭りでの呼び名.
*5前述*1参照.


【2005/11/14 01:29】 Callimachus In Apollinem | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カッリマコス『アポッローン賛歌』55-64行
Foi/bw| d 0 e9spo/menoi po/liav diemetrh/santo 7777755
a1nqrwpoi: Foi=bov ga_r a0ei_ poli/essi filhdei=
ktizome/nh|s 0, au0to_v de_: qemei/lia Foi=bov u9fai/nei.
tetrae/thv ta_ prw~ta qemei/lia Foi=bov e1phce
kalh=| e0n70Ortugi/h| perihge/ov e0ggu/qi li/mnhv.
1Artemiv a0grw/ssousa karh/ata sunexe_v ai0gw~n 7777760
Kunqia/dwn fore/essin e0de/qlia, e1pleke bwmo/n70Apo/llwn:
dei/mato me_n kera/essin e0deqlia, ph=ce de bwmo/n
e0k kera/wn, keraou_v de_ pe/ric u9peba/lleto toi/xouv.
w[d 0 e1maqen ta_ prw~ta qemei/lia Foi=bov e0gei/rein.
ポイボスに従って人々は町を測った.(55)
というのも,ポイボスはいつも町が作られる事を
喜び,ポイボス自身も礎を組み立てる.
4歳の時に始めてポイボスは礎を作った,
円い湖のすぐそばの麗しきオルテュギエー*で.
アルテミスは狩猟をしてキュントス山**の山羊の頭をずっと(60)
持って歩いていたが,アポッローンのほうは,祭壇を組み立てるのが常だった.
彼は角で基礎を組み立てて,ついで祭壇を
角で組み,周りに角で出来た壁を組み立てた.
このように,ポイボスは,初めて基礎を組む事を学んだのだ.

*オルテュギエーは,アポッローンとアルテミスの生誕の場所とされる.時にデーロス島と同一視されたり,別のものとされたりして,古来論議されている.(Williams ad loc.)
**デーロス島の山.


【2005/11/12 23:09】 Callimachus In Apollinem | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カッリマコス『アポッローン賛歌』47-54行
Foi=bon kai_ No/mion kiklh/skomen e0ce/ti kei/nou,
e0co/t 0 e0p 070Amfru/ssw~| zeugi/tidav e1trefen i3ppouv
h0i+qe/pu u9p 0 e1rwti kekaume/nov70Admh/toio.
r9ei=a/ ke boubo/sion tele/qoi ple/on, ou0de/ ken ai]gev 7777750
deu/ointo brefe/wn e0pimhla/dev, h[|sin70Apo/llwn
boskome/nh|s 0 o0fqalmo_n e0ph/gagen: ou0d 0 a0ga/laktev
oi1iev ou0d 0 a1kuqoi, pa~sai de/ ken ei]en u3parnoi,
h9 de/ ke mounoto/kov didumato/kov ai]ya ge/noito.
我々はポイボスを牧人の神とも呼んでいる.それは
アムプリュッソス河畔で,彼が軛に繋がれた馬共を世話した時からのこと.
未婚のアドメートスへの恋いに燃えて.
彼は軽々と牧場を育てて一杯にする事ができる,また,雌山羊も
子供を欠く事は無いだろう,アポッローンが彼らが
草を喰むのを見守るなら.また,羊も乳が出なかったり,
子を孕まぬこともない.そして,全ての羊は下に乳飲み子を持ち,
一匹ずつしか産まない山羊も,二匹ずつ産むものとなることができる.


【2005/11/12 12:25】 Callimachus In Apollinem | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


ヘレニズム詩
アポッロニオス・ロディオスやテオクリトスでもそうなのですが,ヘレニズムの詩で大変なのは,彼らが文献学者で,研究の際に見つけたと思われる稀形などをわざわざ詩を書く時に使っていたりするところですね.また,時にはホメーロスなどには存在しなかったであろう形を勝手に作ったりしていて,コメンタリーが無かったら永遠に辞書をめくり続けなければならなかったりします.こういうところがヘレニズムの詩を特に読みにくくしていて,学生時代には泣きながら読んだものでした.
前にも書いたかもしれませんが,ラテン語を研究するなら,ヘレニズムの詩は絶対やらなきゃだめということで(実は,言われているほどは,ものすごく必要というわけではないのですが),これには本当に苦労させられますが,この世界ならではの面白みもあることは確かなんですよね.まあそんなわけで,ラテン語を志される方の多少の負担の軽減になればと願いつつ,あらためてうんうんうなりながら翻訳をしています…….

【2005/11/12 02:35】 Callimachus In Apollinem | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カッリマコス『アポッローン賛歌』42-46行
te/xnh| a0mfilafh_v ou1tiv to/son, o3sson70Apo/llwn:
kei=nov o0i+steuth_n e1lax 0 a0ne/ra, kei=nov a0oido/n
-- foi/bw| ga_r kai_ to/con e0pitre/petai kai_ a0oidh/ --,
kei/nou de_ Qriai_ kai_ ma/ntiev: e0k de/ nu Foi/bou 7777745
i0htroi_ deda/asin a0na/blhsin qana/toio.
そして,技術の点では,いかなる者も,アポッローンほどには広範囲に及ばない.
彼は射手の守神にも,彼は歌手の守神にも割り当てられている
??というのも,ポイボスに弓と歌とが託されているのだ??
そして,トリーア*らと,預言者たちも彼に属する.そしてまた,ポイボスから(45)
医師らは死を遅らせることを学んだ.
*パルナッソスの妖精で,アポッローンに養われた.


【2005/11/12 01:57】 Callimachus In Apollinem | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カッリマコス『アポッローン賛歌』32-41行
xru/sea tw0po/llwni to/ t 0 e0nduto_n h3 t 0 e0piporpi/v
h3 te lu/rh to/ t 0 a1emma to_ Lu/ktion h3 te fare/trh,
xru/sea kai_ ta_ pe/dila: polu/xrusos ga_r70Apo/llwn
kai_ polukte/anov: Puqw~ni/ ke tekmh/raio. 7777735
kai_ me_n a0ei_ kalo_v kai_ a0ei_ ne/ov: ou1pote Foi/bou
qhlei/aiv ou0d 0 o3sson e0pi_ xno/ov h]lqe pareiai=v,
ai9 de_ ko/mai quo/enta pe/dw| lei/bousin e1laia:
ou0 li/pov70Apo/llwnov a0posta/zousin e1qeirai,
a0ll 0 au0th_n Pana/keian: e0n a1stei+ d 0 w[| ken e0kei=nai 7777740
prw~kev e1raze pe/swsin, a0kh/ria pa/nt 0 e0ge/nonto.
アポッローンの服,マントの留め金,
そしてリュラとリュクトス産の矢と矢筒は黄金だ.
そしてサンダルも黄金だ.アポッローンは黄金に富み,
物も多く持っている.ピュトーでお前は判断できる.(35)
さらに,常に彼は美しく,常に若い.断じてポイボスの
女性的な頬には産毛は全く生えて来ない.
そして,その髪の毛は地面に香しいオリーブ油を注ぐ.
アポッローンの髪は油を落とさない,
まさに薬を落とすのだ.そして,その雫が落ちた町では,(40)
全ての物が憂いがなくなるのだ.


【2005/11/11 01:00】 Callimachus In Apollinem | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ


カッリマコス『アポッローン賛歌』17-31
eu0fhmei=t 0 a0i/ontev e0p 070Apo/llwnov a0oidh=?.
eu0fhmei= kai_ po/ntov, o3te klei/ousin a0oidoi/.
h2 ki/qarin h2 to/ca, Lukwre/ov e1ntea Foi/bou.
ou0de_ Qe/tiv70Axilh~a kinu/retai ai1lina mh/thr, 7777720
o9ppo/q 0 i9h_ paih=on i9h_ paih=on a0kou/sh?.
kai_ me_n o9 dakruo/eiv a0naba/lletai a1lgea pe/trov,
o3stiv e0ni_ Frugi/h? diero_v li/qov e0sth/riktai,
ma/rmaron a0nti_ gunaiko_v o0i+zuro/n ti xanou/shv.
i9h_ i9h_ fqe/ggesqe: kako_n maka/ressin e0ri/zein. 7777725
o4v ma/xetai maka/ressin, e0mw~? basilh=i ma/xoito:
o3stiv e0mw~? basilh=i, kai_70Apo/llwni ma/xoito.
to_n xoro_n w(po/llwn, o3 ti oi9 kata_ qumo_n a0ei/dei,
timh/sei: du/natai ga/r, e0pei_ Dii_ decio_v h[stai.
ou0d 0 o9 xoro_v to_n Foi=bon e0f 0 e4n mo/non h]mar a0ei/sei, 7777730
e1sti ga_r eu1umnov: ti/v a2n ou0 r9e/a Foi=bon a0ei/doi;
汝ら歌人らはアポッローンの歌の間は口を慎んでいる.
海もまた口を慎んでいる,歌人らが
キタラと弓,リュコーレイアのポイボスの道具を讃えている間は.
アキッレウスを嘆いて悲しむ母テティスも嘆きはしない,(20)
ヒエー・パイエーオン,ヒエー・パイエーオンを聞く時には.
また,かの涙を流す岩も嘆きを後回しにする,
その岩は,フリュギアに据えられた濡れた岩,
何か悲し気に口を開けた女の姿の大理石だが.
ヒエー,ヒエーの声を発せよ.善き者らと争うことは不幸だ.(25)
善き者らと争う者は,我が王と争うがよい.
我が王と争う者は,アポッローンとも争うがよい.
アポッローンはその合唱隊を讃えるだろう.彼らは心から彼のために
歌っているから.実際,彼はゼウスの右に座っているから,そう出来るのだ.
合唱隊はポイボスの為に,ただ一日だけ歌うということはないだろう.(30)
なぜなら彼はよく歌われる者だから.誰がポイボスを歌う事が容易にできないだろうか.


【2005/11/10 04:00】 Callimachus In Apollinem | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) | 記事修正

TOPへ




PROFILE

  • Author:メレアグロス
  • 気が向いた時にラテン語を訳したりしています.
    ヘレニズムのギリシア語もたまに訳しています.

    問い合わせ先(メールフォーム)
  • RSS1.0
  • CM, TB, ARCHIVE

    COMMENT
  • メレアグロス [06/06 15:20] 
  • outis [06/05 21:42] 
  • メレアグロス [06/05 10:37] 
  • outis [06/01 22:33] 
  • メレアグロス [05/28 18:31] 
  • outis [05/26 23:35] 
  • Succarum [09/24 20:12] 
  • メレアグロス [09/24 00:15] 
  • Succarum [09/23 16:32] 
  • メレアグロス [11/06 01:49] 
    TRACKBACK
  • えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ:Wheelock's Latin(05/26)

  • ARCHIVE
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (24)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (3)
  • 2014年06月 (10)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (2)
  • 2013年12月 (3)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (25)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (2)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年09月 (27)
  • 2012年08月 (32)
  • 2012年07月 (47)
  • 2012年06月 (50)
  • 2012年05月 (3)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (7)
  • 2009年06月 (14)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年03月 (40)
  • 2009年02月 (14)
  • 2009年01月 (75)
  • 2008年12月 (26)
  • 2008年11月 (22)
  • 2008年10月 (60)
  • 2008年09月 (95)
  • 2008年08月 (68)
  • 2008年07月 (42)
  • 2008年06月 (54)
  • 2008年05月 (49)
  • 2008年04月 (49)
  • 2008年03月 (35)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (27)
  • 2007年12月 (40)
  • 2007年11月 (35)
  • 2007年10月 (26)
  • 2007年09月 (43)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年05月 (33)
  • 2007年04月 (8)
  • 2007年03月 (61)
  • 2007年02月 (51)
  • 2007年01月 (75)
  • 2006年12月 (68)
  • 2006年11月 (23)
  • 2006年10月 (56)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (7)
  • 2006年05月 (125)
  • 2006年04月 (77)
  • 2006年02月 (34)
  • 2006年01月 (69)
  • 2005年12月 (54)
  • 2005年11月 (50)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (106)
  • 2005年08月 (38)
  • 2005年07月 (4)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。